2018年08月11日

宿題


もうすぐお盆。
夏休み前半をのんびり過ごしたサラは、そろそろ宿題に追い込まれているようです。
20日が提出日なので、慌てて読書感想文を書き始めました。


bungu.jpg



母「宿題すんだらおやつあげるね。」

子「おやつくれたら宿題するよ。」

そこで母親は少しだけあげると、

子「え〜、もっともっと!」

それを見ていた親戚のお兄ちゃんたちが加勢した。「そうだそうだ!」


「もっともっと!」 「そうだそうだ!」

「もっともっと!」 「そうだそうだ!」



さて、これは一体、何の会話でしょうか?
小学生のいるご家庭の話しではありません。


そう、これは“北朝鮮問題〈非核化〉”のことです。
母はアメリカ、子は北朝鮮、親戚のお兄ちゃんたちは、ロシア・中国。


ほんの数カ月前は、南北首脳会談、米朝首脳会談が“感動的”に開催されました。
が、今はどうでしょう!?

いつも通り、北朝鮮は少しずつ制裁緩和や経済支援など(おやつ)をせしめて、そのくせ、一向に核の放棄(宿題)は進みません。
こんなことは、はなっからわかりきっていたことなのに、文在寅韓国大統領が「感動」ブームに火を点けてしまった、、、、
「文在寅とトランプ両大統領にノーベル平和賞を」今では、こんなとぼけた声もトンッと聞くことがなくなりました。



そして、先日はしびれをきらしたオジサンが叱りました。

「ちゃんと、宿題をせんか!」

このオジサン、言わずと知れたボルトン大統領補佐官。
強硬派のオジサンが一喝。

しかし、そこはなんてったって北朝鮮。
言うにことかいて、「アメリカが我々の善意を無視して制裁継続を呼びかけているんじゃねえか」だって。

毎日新聞 布施広の「地球議」によると北朝鮮には特有の話法があるとのこと。
相手にケチと言われたくないときは、ケチでもない相手にケチだケチだと言い募る。
そうすれば一応の論戦になる。
幼児的な防御策だが、これが北朝鮮の「退行作戦」なんだそう。


こんな言い分、許すわけにはいかないが、これが「非核化」の実態なんでしょうね。

だらだら遅々として進まぬうちに、いつか「宿題」はうやむやになり、時間を稼いでいる間に、北朝鮮は堂々たる核戦力を築いていく、、、、
実に、恐い話しです……


boso01.jpg



では、最後に、問題を1つ。

一生懸命に「宿題」をやったのに、母に「おやつ」を没収されてしまいました。

母はさっきと同じトランプ大統領。では、おやつを取り上げられてしまった可哀想な子は誰でしょう?




posted by るしあん at 21:19| Comment(0) | 日記

2018年08月07日

あれ!? この看板娘は!


「ぶどうの一悦園」が今年もオープン。

美味しいぶどうの販売が始まっています。

もちろん、わんちゃんを連れて、ぶどう狩りも楽しめます。

今の時期は、デラウエアとサニールージュが旬となっています。

お中元やお盆のご進物に是非、どうぞ!!


ichietsu01.jpg


ところで、一悦園のカウンターの中に立つこの女の子、どこかで見た気がするのですが……




ichietsu02.jpg



posted by るしあん at 19:26| Comment(0) | 日記

2018年08月04日

権力は必ず腐る


時としてアスリートは名言を残します。
14才の岩崎恭子が「今まで生きてきた中で一番幸せです」。
有森裕子の「初めて自分で自分を誉めたいと思います」。
「チョー気持いい!」「なんも言えねえ!」の北島康介もカッコ良かったなあ。


先日の毎日新聞コラム「余禄」に面白い名言が載っていたので紹介します。

「神はブルガリア人だ!」
24年前のサッカーW杯できわどくPK戦を制したブルガリア代表、ストイコフは叫んだ。
が、準決勝でイタリアに敗れる。
「神はブルガリア人だが、審判がフランス人だった!」

ちょっと真面目な日本人の名言より、外国人のそれの方がユーモアがあってクスッと笑えます。



さてさて、、、、

ストイコフの言うように、スポーツでは審判の方が神様より勝敗を左右できるようです。
ボクシングでは、2回もダウンしクリーンヒットを数多く喰らっていても、審判が“奈良県”というだけで、「こっちの勝ち!」といえば勝ちになっちゃうんだからスゴイもんです。
そしてさらに、カイチョーなる強面のおっさんは、その審判に圧力を掛けて勝敗を操れるのですから、もっとスゴイんです。
奈良県の対戦相手になっちゃった選手は可哀想……。
血の滲むような練習を重ね鍛錬を積んでも、奈良県にははなっから勝てないことが決まっているんですから。
きっと、「リングには神様はいないんだ」と嘆き悲しみ、激しい怒りを心にしまうのでしょうね。


yamane01.jpg




こっちは、スポーツではなく教育の場。
東京医大なる大学にも神様を上回る審判がいるようです。
“女医は外科医になりたがらない”“離島勤務を嫌がる”“離職率が高い”などなど屁理屈を付けて、入試で女子学生の得点を一律減点して合格者を減らしちゃった!
毎日一生懸命に受験勉強して、絵馬には「祈!東京医大合格!」なんて書いていたのかなあ。
女性というだけで落とされた……
きっと、「神様はいないんだ」と涙を流し、深い悲しみにくれたことでしょう。


tokyoidai03.jpg
tokyoidai01.jpg
tokyoidai02.jpg



どうも、アスリートは名言を生みますが、権力は“腐敗”を生むようですね。


そういえば、永田町にも――

豪雨災害のさなか自民亭なる宴会を開いている連中がいました。
さらにその写真をSNSに載せるバカ。

水害対策を脇において、博打にお墨付きを与える法律を強引に採決してしまうセンセイ達もいましたね。
センセイにとっては、困っている国民より、賭場開帳の方が大事なようで、、、、

少数派の人達にヘイトを浴びせるミオなる薄っぺらいセンセイ。
国民の批判が高まったのであわてて党としても指導してみせました。
でもきっと本心は“生産性が無い”なんだろうなあ、、、、

お友達をえこひいきする“安倍判定”のソウリ。
ソウサイなる権力も3選確実なようで、、、、
ソウリ、私ともお友達になって〜〜!



忘れてた! 文部科学省やスポーツ庁にもいるいる。
「補助金出すからうちの子を合格させてよ!」
「スポーツ界のコンプライアンス向上のための調査費用で390万円払うからさ、JAXA関連企業のカワバタちゃんに再委託という形でお金を回してあげてよ!」
コンプライアンス向上のためのお金が贈収賄のためのお金だなんて、すっごいブラックジョーク。笑えん!
ただただ呆れるばかり、、、、 でもこれが我々が納めた税金で行われていたと思うとホント腹が立つ <(`^´)>ブウブウ


jax01.jpg



権力の座に長くいると規律や常識というものが見えなくなってしまうのかなあ。

「権力は必ず腐る」

ということを見せつけられる昨今の出来事です。




posted by るしあん at 22:13| Comment(0) | 日記