2015年10月31日

つる返し

ここ数日、芋掘りの話題を載せていたところお客様からこんな話しが……。
「うちの芋、キチンとつる返ししているのに大きく育たないのよね。」
逆に「よく“つる返し”を知っていますね!」と驚いてしまいました。
“つる返し”とは、「サツマイモのつるが地面につくと枝の途中で発根するため、イモの育ちが悪くなるという理由から、ツルが伸びてくると反対の方向にひっくり返す」ことをいいます。
でも、実は、このつる返し、まるで都市伝説のような側面もあるのです。
古くから一部の農家の間では、かたくなにこの農法にこだわりを持つ農家があるのですが、その効果は疑問視されているのです。
にもかかわらず、つる返しという言葉だけが広まってしまったんです。

“つる返し”をしたものとしなかったもので収穫に差が生じるかの実験では―――
実際には、つる返しで収穫量が増えることはなく、つるを返すことによって葉の同化作用が鈍り、側枝が出やすくなるため、かえってイモの育ちが悪くなってしまったのです。

前述のお客様の場合、ツルが原因でイモが大きく育たない要因はおそらく“つるボケ”という現象だと思われます。
“つるボケ”とはつるを伸ばし過ぎて、つるに栄養をもっていかれてイモが大きくならないことをいいます。
家庭菜園でサツマイモを作っている方は、つるを返すことより、切ってしまうことをおススメします。
ただ、栄養価の高い畑ですと、逆にイモが大きくなりすぎて肝心の味の方が“大味”になって、本来の甘さが出ませんので注意してください。

miraimo01.jpg
saraimo02.jpg
miraimo03.jpg
saraimo04.jpg
サラもミラもイモ掘りが大好き!
ここ数日、保育園帰りに畑に寄ってイモを獲っています!


posted by るしあん at 08:28| Comment(0) | 日記

2015年10月29日

厄日

みなさんは厄日だとか気にしますか?
私は昔から結構、気にする方で、何かをする時には仏滅を避けてきました。
自営業になってからは以前にもまして気になるようになってきたと自覚しています。
自然相手の百姓をする時には、特に禁忌日にはナーバスです。
あっ、でもそれは“神経質”ということではなく、自然や神仏には常に“謙虚”でいなくてはいけないと思っているからなのです。

さて、今日はそんな話題です。
実は、今年の稲刈りは9月末に行いましたが、当初は今月5日に予定をしていました。
ところがこの日は“三隣亡”。
稲刈りには、縁起が悪いのか、問題ないのか「?」でした。
銀行員時代は、住宅ローンの契約時に「仏滅」「三隣亡」を避ける顧客が多かったので、念のため知り合いの宮司さんに訊いてみました。
それによると「三隣亡」は建築関係の厄日。
この日に家を建築すると隣三軒を滅ぼしてしまうとか。
なかには、広義に「家庭を築く」と解釈して、結納や結婚式も「三隣亡」を避ける方もいるそうです。
「農事には関係ないことなので、稲刈りしてもいいですよ。」と教えていただきました。
でも結局は、生育具合を見て1週間前倒ししたので「三隣亡」は関係ありませんでしたが……。
大安吉日に刈った初穂は、宮司さんへのお礼も兼ねて奉納してきました。

tegari03.jpg

posted by るしあん at 21:22| Comment(0) | 日記

2015年10月27日

芋ほりB

昨日は可愛いお客様と畑に行ってサツマイモ掘りをしました。
みんな元気に歓声を上げながら土と格闘してイモを引っ張り出していました。
小さな時から土にふれ、野菜がどういう風に獲れるのか覚えていくことは、とてもいい“食育”になると思います。

るしあんの農場では、今年は「シルクスイート」と「ことぶき」の2種類を作っています。
シルクスイートは群馬の種苗会社が開発したサツマイモで、その名の通り絹のような滑らかな舌触りと甘さが特徴です。
ことぶきは細くてもスジがなくホクホク感が楽しめます。
るしあんのサラダに輪切りで入れてあるサツマイモです。
わんちゃんランチにも使っています。

旬ならではの美味しいサツマイモをお召し上がりください。

imohori01.jpg
imohori02.jpg
imohori04.jpg
imohori05.jpg


posted by るしあん at 23:06| Comment(0) | 日記