2016年02月04日

立春

今日は立春。
まだまだ寒い日が続きますが、暦ではようやく春ですね。
今日からの5日間は、二十四節気を3つに分けた七十二候の、『東風解凍』です。
「東風」というと“こち”と読みたいところですが、七十二候では“はるかぜ”となり、『東風解凍』は「はるかぜこおりをとく」と読みます。
古(いにしえ)の人も春を待ちわびて、そんな気持ちを暦に織り込んだんでしょうね。
実に粋な命名だと思います。

さて、私は東風というと思い出すのは、受験勉強で必死に覚えた菅原道真かな。
『東風(こち)吹かばにほひおこせよ梅の花あるじなしとて春な忘れそ』
この名歌は、今でもちゃんと覚えています。

私が脱サラするきっかけとなった某サラーマン時代のパワハラ職場。
人事異動の季節になると、左遷先の大宰府から都に思いを寄せる道真に自身を重ねる職員も多かったんです。
というのも、天下り役員にへつらう部長が、自分の気に入らない職員を遠くの支店に飛ばすという嫌がらせをしていたからなんです。
結果、子飼いばかりが幅を利かせ、良識のある人が県外へ流出してしまうことに……。

まっ、多かれ少なかれ、どこの会社でも似たようなことはあるんでしょうね。
平安時代から平成まで、いつの世もサラリーマンの悲哀は少なくなかったということなのでしょう。

akimabairin.jpg

立春とはいえ、まだまだ厳しい寒さは続きます。
ここにきてインフルエンザも流行り出したようです。
みなさまも、風邪などひかないようご自愛ください!!


posted by るしあん at 10:00| Comment(0) | 日記