2016年02月12日

あの女性

昨今のミャンマーのニュースを見るにつけ隔世の感を覚えます。
私たちが医療ボランティアでミャンマーを訪れた2000年当時は、軍事政権が強大で民主主義なんてどこ吹く風の様相でした。
アウンサン・スー・チーさんは軟禁状態で、自宅に通じる道路も封鎖されていました。
私たちを案内してくれた大使館の職員も
「この通りを進むと“あの女性”の自宅なんですよ。
今はそばに行くこともできません。」
という具合。
「アウンサン・スー・チー」という名前を言うことすらできなかったんです。

和太鼓の演奏やポリオワクチン投与などの一連の行事が終わって、木陰で用を足そうとしていた時のこと。
トイレの普及率は低く公衆トイレなど無いので、立小便は当たり前。
「隣、いいかい?」笑顔で寄ってきたおじさんと連れションに。
ふと目をやると、ギョッ!!
腰にリボルバーが差してある!!
私たちにずっと着いてきてくれていたので現地のボランティアスタッフだと思っていたら、なんと秘密警察の監視だったのです。

049.jpg

そして、今、選挙によって(しかも民主的な選挙によって)アウンサン・スー・チーさん率いるNLDが第一党になり、法律で大統領に就くことのできない彼女は“大統領の上の存在”になることを明言しています。
変われば変わったもんだなあとつくづく思います。
しかもクーデターや内戦もなく、政治の中枢が変わろうとしているのだから、ほんとビックリです。

いつか機会があれば、またミャンマーに行きたいなあ。
市民生活がどう変化したのか見てみたいなあ。



posted by るしあん at 10:00| Comment(0) | 日記