2016年05月14日

パナマ文書に思う


「強いお酒にはご注意を。
飲むと、徴税人に向かって発砲し、しかも的をはずすことになる。」
――ロバート・A・ハインライン――

rah01.jpg
rah03.jpg


名言から書き出すと、なんか『クリミナル・マインド』のオープニングみたいですね。
私のような個人事業主は、確定申告の時期になると毎年、頭を悩まされ申告書類と格闘するものだから、ハインラインの気持ちがよくわかります。
ただ、ハインラインが冒頭の言葉を発したのは、彼が結局のところキチンと納税していたからに他なりません。
イヤイヤながらもまともに納税していればこそ、高い税金に腹もたつというものです。

南ドイツ新聞に「パナマ文書」がリークされ、世界の大物政治家や有名人がタックスヘイブン(租税回避地)を利用して大々的に税金逃れをしていたことが白日の下に晒されました。
腹が立つことに名を連ねる輩が、主導的な立場の政治家で、税金逃れは厳しく取り締まるぞと威張っていた連中だったことです。
あきれて話しにならん。ハインラインが生きていれば、銃を乱射したかもしれませんね。

panama01.jpg



「税金を取りつつ人を喜ばすというのは、恋をしながら賢明であることと同様に、人間にとっては不可能なことだ。」
――エドモンド・バーク――


ちなみにエドモンド・バークはイギリスの国会議員だった人。
議員自身、税金を取れば嫌がられることはご存知だったようですね。


ところで、最近、毎日、耳にする「タックス・ヘイブン」という言葉。
勘違いされている方も少なくないようで、、、、
「ヘイブン」とは、havenと書き、回避地を意味しています。
似た単語にheavenがあるので、『税金天国』と思われがちですが、正しくはtax haven、『租税回避地』です。



しかし、このパナマ文書、あまりに金額のスケールが大きすぎてピンときません。
公用車で別荘通いをしたり、海外視察でここぞとばかり金を使ったり、政治資金で家族旅行に行くくらいの方が、みみっちくて、せこくて、姑息で、意地汚くて、なんとなく人間味があっていいですよね。
でも、東京都民の方は、自分の納めた血税を私的にいいように使われて、はらわたが煮えくり返っているんでしょうね。
オリンピック開催地の首長がこれじゃ、あまりに恥ずかしい、、、 世界に顔が向けられない(T_T)



posted by るしあん at 21:49| Comment(0) | 日記

2016年05月13日

サマーカット

暑いですね。
ここ数日の陽気と先日の雨で、田畑やランの雑草が一気に伸びてしまいました。
昨日の定休日は、一日中、草刈りに追われました。
これから、雑草との戦いの日々が続きます。

IMG_20160512_163836.jpg

ドッグランのサマーカットに併せて、アンジェラもサマーカットしました。
トリマーさんもお手上げの頑固な毛玉があったので、思い切って短くしてもらいました。
ただ、耳の飾り毛を落してしまうとパピヨンらしくなくなっちゃうので、ここだけは残しました。
そうしたら、体毛で隠れていたポッチャリ体型が表れてしまって、、、
サラ曰く「アンジェラは“着痩せ”するタイプだね!」
ハッハ、その通りだね(^v^)

FB_IMG_1463105753578.jpg

ミラも実は先月、一足はやく、サマーカットしました。
いつものツインテールがボブになっていたので、気が付いたお客様が、
「あら! ミラちゃん、髪切ったの。可愛いね!」
なんて声をかけてくれるものだから、ミラはご機嫌なんです。
ちなみに、ミラは“初めての美容院”でした。
緊張して“おすまし”しています。

miracut01.jpg
miracut02.jpg
miracut03.jpg

私のヘアースタイル(!?)も、分類上はサマーカットになるのでしょうか?
女房は「ただのスキンでしょ! 髪が無いんだから、そもそもヘアースタイルの分類に入るわけないでしょ!!」
くそ〜〜!! これからは、頑なに「俺は“千春カット”だ!!」と主張するゾ〜〜!!

chi001.jpg
chi002.jpg


posted by るしあん at 19:49| Comment(0) | 日記

2016年05月12日

食と器の文化

昨日のブログは“有田焼カレー”について書きました。
今日は息子のお嫁さんから聞いた話し。
群馬県人の私には“驚き”以外のなにものでもないのですが、、、、

arita01.jpg

さすが、有田は「食と器の文化」の町。
なんと、学校給食の器は有田焼なのだそうです。
お嫁さん曰く、「給食って、プラスティックや金属の器なのをテレビで見て知った時は驚きました!」

って、私からすれば「有田焼の器で給食を食べる」ことの方が驚きなんですけど。

arita03.jpg


「私が出た小中学校は、授業で陶芸があるんですよ。
小学校低学年ではスプーンくらいしかできないんだけど、高学年になると結構本格的な食器が作れるようになるんです。」

「すごいね! さすが有田だね。
有田町に赴任する先生はみんな陶芸の心得があるんだ!?」

「いいえ。私たちの先生は“柿右衛門”先生なんですよ。」

「え〜〜!! 柿右衛門って、あの柿右衛門?」

「はい。学校で14代目の授業があったんです。」


って、ホント、本場ってすごいな〜!!

arita02.jpg

ちなみにこの大皿のお値段は、るしあんの建築費と同じ。
借金してやっと建てた喫茶店とお皿1枚のお値段が同額なんて、、、、なんか複雑(――;)


posted by るしあん at 20:50| Comment(0) | 日記