2016年05月02日

たけのこA

先日のこと、精米するために近所のコイン精米所に行ったのです。
そしたら見知らぬおじいちゃんがやって来て、
「ヌカを少し譲ってもらえないかのう?」
訊いてみると、知り合いからタケノコをもらったのだけど、アク取り用のヌカが無いのだそう。

「精米機のヌカは裏の小屋の方に集められるので、管理者の人に鍵を開けてもらわないと取り出せないんさのう。
誰でも入れるようにすると衛生的にもよくないし、知らない人が煙草にでも火を着ければ粉じん爆発が起きるもんで。」
「そうかい、よわったいのう!」

おじいちゃんがあまりにがっかりしていたので、
「じゃあ、じいさん、そのタケノコ、米の研ぎ汁で茹でてみない!」
と教えてあげると、
「ばあさんとふたりだけだから、そんなに研ぎ汁なんか出ねんさのう。」


「よわったいねえ。それじゃあ、じいさんちに椿の木はあるかい?」
「椿は何本もあるよ!」
「そりゃよかった。そしたら、椿の葉っぱを鍋にいっぱい入れて一緒に煮れば、えぐみは抜けるんだよ。」
「そうなんかい!!」

ということで、一件落着。
裏ワザがたまには役に立つこともあるものですね。

takenokotsubaki.jpg
(インターネット画像転載)


タケノコは掘り出したとたんえぐみ(シュウ酸)が出てきます。
GWにタケノコ掘りに行く方は、可能ならキャンプ用コンロで鍋にお湯を沸かしておき、掘ったらすぐ茹でてしまうのがいいそうですよ。
それとあまり大きくない方がえぐみがないそうです。
そういえば、去年、知り合いがタケノコ掘りに行ったのですが、ナタの背を眉間にぶつけて大出血をして山の中で大騒ぎになったそうです。
みなさん、GWの山のレジャーはくれぐれも怪我のないようお気をつけて!!!



posted by るしあん at 20:00| Comment(0) | 日記