2016年05月05日

星空に思うA

昨日のブログに書いたホーキング博士はこんなことを語っています。
イギリスのインディペンデント紙のインタビューで、、、、
「博士が最もただしたいと思う人間の欠点はなんだと思うか?」

「攻撃性だ!」

hawking02.jpg

博士いわく、「洞窟で暮らしていた遥か昔、攻撃性は生き延びるうえで有益だった。
しかし、今、その攻撃性によって自らを破滅させる恐れがあるのだ。」
実は、博士の“ケンタウルス座アルファ星を目指す超高速の宇宙船を開発して、20年で到達させる”という壮大な計画(「ブレークスルー・スターショット」計画)の究極の目的は人類の住める星を探し移住することにあります。
いずれ太陽が寿命を迎え太陽系そのものが消滅しますが、博士はその時を待たず人類自身が地球を破滅させると言います。
「核兵器や遺伝子操作されたウイルスなど、科学と技術の進歩で、人類はかつてない人為的な大災害の危険にさらされている」と警告しているのです。

私達が核兵器や化学兵器を捨て去ることの方が、移住先の星を探すことよりずっと簡単なことなのにそれができないなんて……。
博士はインタビューの最後にこんな言葉を残しています。

「人間の特質として大事にしたいのは“共感”だ。
共感は平和に愛し合う状態を私達にもたらす。」



忙しい毎日で心が少しお疲れ気味のみなさん。
たまには星空をながめてみませんか。
星の光が貴方の中に芽生えそうな攻撃性を和ませてくれますよ。


(参考:毎日新聞「水説」)
posted by るしあん at 20:00| Comment(0) | 日記