2016年05月16日

風下の百姓

昨日の日曜日、ここ吉岡町は道路愛護デー。
朝6時から、町内一斉に道路清掃をしました。
各隣保班ごとに担当するエリアが決まっていて、隣近所の方々と汗を流してきました。
ゴミ拾いや雑草取り、掃き掃除などを行い、道路を綺麗にしてきました。
サラもママと一緒に地元自治会で空き缶拾いなどをしたようです。

さて、そんな昨日の今日……
掃除したての道路が無残にもドロッドロに。
実は、これはトラクターで畑を耕していた百姓が、畑の外に出てから道路で旋回した結果なのです。
タイヤとロータリーの土を落し、片輪旋回のタイヤ痕までつけて、、、、

hajihyakusho01.jpg

私も畑からトラクターで出てくる時は、斜めに土手を越すと横転する危険性があるので、直角に脱出して1回だけ道路で90度旋回します。
当然、道路に土や草が落ちますが、最後に必ず竹箒で掃いてきます。
ほとんどの百姓はそうしています。
当然のエチケットですから……。

hajihyakusho02.jpg

ところが、まれに、写真のようなことを平気でする輩がいるのです。
こいつは隣市の住民。隣市には道普請の制度はないのかなあ。
自分自身で道路清掃に汗を流せば、こんなことはできないと思うんだけど……。
ごく少数の不心得者のせいで、多くの百姓が白い目で見られてしまうのです。

まったく、百姓の風上にも置けん!!
道徳心というものが無いんかい!! お天道様が見てるゾ (`´)



posted by るしあん at 20:00| Comment(0) | 日記