2016年06月14日

珍記録

この二日、私の楽器挫折話しが続いたので、今日はちょっとプチ自慢。
思うに私の場合、楽器オンチではなく、ただ長続きしない性格(タチ)なんではないかと―――。
唯一、10年以上続けてモノになったのが和太鼓だけ。
最もプリミティブ(原始的)な楽器で精神が揺さぶられる感覚が、演奏していてなんとも気持ちいいんです。
誰でも叩けば音は出ますが、実は奥が深い楽器なんですよ。
あの頃は、その魅力にハマったメンバーと共に“突っ走ってた”って感じでした。
長野五輪の文化プログラムで演奏したのを皮切りに、海外公演やチャリティーコンサートを開催したりしました。
このブログでも、度々、中東の話題を書いたりするのでご存知の方もいらっしゃるかと思います。

そこでの珍記録が私のプチ自慢。
シリアが内戦になる前の平和だった頃、日本文化紹介プログラムで、毎年、日本のアーティストが公演をしていました。
それまでの観客動員数トップは演歌の大御所K・Sさん。
紅白のトリを歌うほどの大御所です。
ところが、私たちの和太鼓チームの公演は2夜連続でアゼム宮殿が一杯になって、なんと大御所の記録を500人上回ったんです。

088族.JPG

020アンコール.JPG

そうなんです、私たちは
『シリアで最も観客動員数が多い日本人アーティスト』
なんですよ(^v^)

現在、シリアでは不幸にも最悪の内戦状態になってしまいました。
日本大使館も引き上げて、その機能をジョルダンに移してしまいました。
おそらく、もう、私たちの記録は破られることはないでしょう!!

102シリア公演終了.JPG
posted by るしあん at 18:20| Comment(0) | 日記

2016年06月13日

試し吹き

昨日のブログを見て、女房が昔のことを思い出した!
「あなた、ギターも投げ出して友達に売っちゃったことがあったの?」


娘が中学校にあがった頃の話しだから、もう15年くらい経つのかなあ。
娘は、ブラスバンド部に入部してトランペットを担当していました。
小学生の鼓笛隊でトランペットを吹いていたこともあり、吹奏楽部入部に備えて女房は楽器貯金を少しずつ始めていました。

そして5月のある日、娘のトランペット購入のために女房からお金を預かり楽器店に行ったのです。
担当の人に相談に乗ってもらい、いろいろなトランペットを見せてもらっていました。
ふと、となりのウィンドーを見ると光り輝くサックスが―――。

sax.jpg

「そのサックス、中古なんですけど、いい器種で程度もすごくいいんですよ。
お値打ちだし、、、 試しに吹いてみます?」
「えっ、吹いてもいいの?」
で、防音室に通され、お姉さんの指導のもと、吹いてみたら音が出た!
サックスに目をやると
「お願い! 私を連れて帰って!!」
と訴えかけてきているではありませんか!

そして、娘のトランペットを中古品に格下げして、トランペットとサックスを持って帰宅したのです。
女房は烈火のごとく怒り、娘はビービー大泣きするわで、もう大変!

それから数年後、、、、
チャーリー・パーカーを目指したのだけど、あえなく撃沈。
自分のセンスの無さを痛感して、息子の友人に譲ってしまいました。
あ〜あ、サックスの吹ける人がうらやましい!!

charliep.jpg
posted by るしあん at 21:07| Comment(0) | 日記

2016年06月12日

試し弾き

ブログを見たお客さんから
「マスター、いいでしょ〜! 再来週、ROGUEのライブに行くんだあ!」
「えっ、ミスチルも出るってやつ?」
「そう!!」
普段の会話は犬の事ばかりだったので、音楽の話題でお客さんの違う一面を見られて楽しかったです。
おじさん世代が熱くなったバンドが、若い世代の人たちにも人気があると嬉しくなりますね!

そういえば、もう数カ月前ですが、タモリ倶楽部で“試し弾きランキング”というのをやっていたんです。
銀座山野楽器かどこかだったと思うのですが、楽器屋さんでお客さんが試奏する曲をフロアごとに順位を付けていました。

tamesi.jpg


あまりに面白い企画だったので、メモ帳片手に見てました。
エレキギターのフロアのベスト5がこれ。

5位 ニルヴァーナ/スメルズ・ライク・ティーン・スピリット
4位 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ/キャント・ストップ
3位 エリック・クラプトン/いとしのレイラ
2位 ラリー・カールトン/ルーム335
1位 ジミ・ヘンドリックス/リトル・ウィング

レッチリやニルヴァーナは比較的新しいけど上位はおじさん世代の青春の曲だもんなあ。
若い人達がそれを試し弾きするなんて!!
なんか嬉しかったです。

ただ、残念だったのは、ディープ・パープルが選外だったこと。
私たちの世代は、みんなが“スモーク・オン・ザ・ウォーター”の頭の部分を試し弾きしてたもんだけどなあ。

deeppurpul.jpg

ちなみに、私、グレコのレスポールの中古を持っていました。
当時は、安いのにギブソンに負けない品質というので学生には人気だったんです。
リッチー・ブラックモアにあこがれていたのだけど、あえなく撃沈。
自分のセンスの無さを痛感して、友達に譲ってしまいました。
あ〜あ、ギターの弾ける人がうらやましい!!

リッチー.jpg
posted by るしあん at 21:00| Comment(0) | 日記