2016年06月11日

リーガル・ギター・インストルメンツ

guiter01.jpg

ロック続きの話題を、今日もひとつ。
息子の同級生が前橋でエレキギターの工房を立ち上げました。
JR群馬総社駅近く、るしあんからもわずかな距離です。
正式名称は『株式会社Regal Guitar Instruments』。
ハンドメイドで、貴方だけのギターを作ってくれますよ。
例えば、早弾きしたいのでネックを少し細めにしてほしい、、、、
バンドのイメージに併せてファンキーなデザインにしてほしい、、、、
などなど、希望をお聴きしながらオリジナルのギターに仕上げます。

また、愛用のギターのリペアもできるそうです。
ネックの反り調整やピックアップ交換(アコギのPU取付もOK)などお気軽にご相談ください。

rg01.jpg
rg02.jpg
rg03.jpg
rg04.jpg
rg05.jpg
rg06.jpg


7月2日(土)・3日(日)に楽器展示試奏会を行いますので、ご興味のある方は是非、お出かけください。
場所は高崎市連雀町の『coco.izumi』です。
3日は、布袋寅泰のフリーライブ「〜Power of Music〜 FREE LIVE ! 自由の音を聴け」(高崎市もてなし広場)の開催日です。
フリーライブのついでにお立ち寄りください!!
ミュージシャンでもミュージシャンでない人も、ギターに興味のある方のたくさんのご来場をお待ちしています

くわしくは、『株式会社Regal Guitar Instruments』のホームページをご覧いただくか、フェイスブックで“Regal Guitar Instruments”と検索してください。

rg07.jpg

posted by るしあん at 20:00| Comment(0) | 日記

2016年06月10日

ROCK CAFE A


尾崎豊、氷室京介、本田毅以外にカフェに飾ってあるのが、“LACCO TOWER”。
「ラッコタワー?」
ご存知ない方も多いと思いますが、、、、
地元群馬のライブハウスを拠点に活躍している5人組ロックバンドなんですよ。
現在は東京を中心に活動をしています。
楽曲が群馬テレビ高校野球ハイライトのテーマ曲に使われたり(「鼓動」2009)、テレビアニメ『ドラゴンボール超』のエンディング曲(「薄紅」2016)にも使われています。
FMぐんまにも冠番組を持っているんですよ。
“ラッコタワーのラジオタワー”(毎火20:00〜 30min.)という番組ですので、聴いてみてください。

laccotawer01.jpg

縁あって彼等を応援していますが、私もこの歳で彼等のファンなんです。
カフェにはサイン入りポスターなども貼ってありますので、是非、ご覧ください。
みなさんも応援してあげてください!!


あっ、そういえば、、、、
前回の“真田丸”で本多正信(近藤正臣)がこんなセリフを、、、、
「年寄りというもんは、頑張っている若者を見るとついつい応援したくなるものなんじゃよ!」
ハッハ、正にその通り。私も頑張る若者を応援したくなるじじいになったのかなあ〜。

でも、私、こう見えて、氷室京介、本田毅と同い年ですから!!!

posted by るしあん at 06:00| Comment(0) | 日記

2016年06月09日

ROCK CAFE


おやじギャグではないのですが、、、、
6月9日にロックの話しでスミマセン。


「ドッグカフェじゃなくて、まるでロックカフェね!」
氷室京介グッズや本田毅のサインなどを、商品の時計を押しのけて飾るものだから、女房が呆れてます。
私の尾崎豊好きは以前のブログに綴った通り。
カフェに飾られている尾崎の絵を写真に収められるお客様がいると嬉しくなってしまいます。

ozakie01.jpg


私の友達は圧倒的にBOOWYファンが多かったんです。
ネットの無い時代に地元群馬で火が付いてメジャーに駆け上がったので当然なのですが、、、

ゼミの友達は佐野元春ファンが多かったなあ。
学園祭でまだマイナーだった佐野元春を呼び、その翌年には「SOMEDAY」が大ヒット。
うちの大学では身近に感じて応援している人が多かったようです。

佐野元春から3年、BOOWYから2年遅れて、尾崎がデビューしたのですが、最初に「15の夜」を聴いた時は鳥肌が立ちました。
それから私の尾崎好きが始まったんです。


himuro01.jpg

さてさて、あれから30年が過ぎようとしている今日この頃。
娘と一緒に、氷室京介ラストライブ『LAST GIGS』東京ドーム公演に行って来ました!!
氷室ファンの娘はこれまでも度々ライブに出かけていたのですが、「最後のライブだけは何が何でも行かなくては」と頑張ってチケットを取ったようです。
ものすごい熱気と興奮で、ラストにふさわしい熱狂のライブでした。
それにしても、長年、第一線を突っ走り、私の世代から娘の世代までファンを持つ氷室京介もすごいものだなあ!!!

lastgigs01.jpg

きっと、私の世代の人たちは『LAST GIGS』というネーミングだけで、BOOWY解散の翌年のライブやその直後リリースされたアルバムを思い出してウルウルしてたんだろうなあ。
最後のライブツアーらしい琴線に触れるタイトルですよね!

himuro001.jpg

posted by るしあん at 20:50| Comment(0) | 日記