2016年06月25日

離脱に思う

昨日のブログにリーマン・ショックの話題を書いたところ、その午後、まさかのリーマン・ショック級の衝撃が世界を駆け巡りました。
まさか、イギリスのEU離脱が現実のものになるとは、、、、
離脱派、残留派が均衡しているとはいえ、最終的にはEUに残ると思われていたのに。

eu02.jpg

これで、しばらく、ユーロが売られ円高が進んでしまうのでしょうね。
輸出関連企業は業績の下方修正を余儀なくされ、株価が下がるのは必至です。

実利主義で、もの言うイギリスが抜けてしまえば、EU合衆国を夢見るドイツ・フランスの発言力が高まるのでしょう。
いわば、夢ばかり語って地に足を付けない若造を叱りつける親戚の大伯父が居なくなっちゃったわけで、これからEUはどうなっちゃうのだろう?

イギリスにしたって経済の混乱はしばらく続くだろうし、政治も大混乱をきたすでしょう。
もしかしたらスコットランドの独立問題が再燃するかもしれません。
そればかりか、北アイルランドではUK残留かアイルランド統合かの国民投票だって現実味を帯びてくるのでは!?

eu01.png
eu03.jpg


移民が流入するから我々の仕事が奪われ景気がよくならない―――
アメリカのトランプ人気の高さ、あるいは今回のイギリスの国民投票結果などを見ると、その根底にあるのは、排他主義や自国至上主義なのかなあ。

戦争前夜のような、なんとなく薄気味悪さを感じるのは私だけ!?



posted by るしあん at 01:00| Comment(0) | 日記