2016年08月05日

Wir trinker sehr gern Bier.


そうそう、ビールを片手に、昔を懐かしみながらブログを書いていたら、ビールでの“珍事”を思い出した(^v^)

和太鼓のメンバーは揃いも揃って呑兵衛。
ザルツブルクの演奏を終えウィーンに向かう列車でのこと。
打ち上げを兼ねて食堂車でビールを飲み始めたんです。
ビールというとドイツが有名なのですが、実はオーストリアも知る人ぞ知るビール大国なんです。
なんといっても水のまずいヨーロッパにあって、アルプスの新鮮な美味しい水が流れる国なので、オーストリアのビールが美味しくなるのは当たり前。

で、嬉しいことに、食堂車のメニューが、ゲッサーの“メルツェン”!!
ちょっと苦みが強いのですが、フルーティーでとても味わいのあるビールなんです。
何杯飲んでも飽きがこないって感じかな。
美味しくて、みんなでガンガン飲んだものだから、ウィーン到着前にとうとうビアタンクが空になってしまったのです。

空になることなど、滅多にあるもんじゃないんだって!

車掌さんが申し訳なさそうに、
「すみません、まさか空になるとは……。もっと積んでくればよかった。」
そして、ニコッとして、
「日本人はドイツ人より強いんですね。」

メンバーのT君が、
「いや、オーストリアのビールが世界一美味しいからですよ。」

「Ja(ヤー)!!」って、車掌さん、ホント、嬉しそう。

車掌さんのあの笑顔、、、、
ドイツ人を嫌うオーストリア人の心情が垣間見えて面白かったなあ。



jpw07.jpg
ザルツブルク市長と

jpw04.jpg
jpw05.jpg
Live at 祝祭劇場

jpw06.jpg
酔っ払い on ウィーン

posted by るしあん at 23:30| Comment(0) | 日記

The mastery work of brewers.


今日も暑かったですね。
こんな日はビールの味も格別です。

私は、今日はいつもより早く田んぼの水入れに行ってきて、早々にシャワーを浴びて、ジョッキを傾けました。

今日は世界ビール・デー(International Beer Day)。
醸造会社などビール造りに携わる人たちに感謝をする日なんですよ。

「こんな美味しいビールをありがとう!」
今宵は、アサヒの社員の皆さんに感謝をしながら、スーパードライを飲み干しました。


ところで、貴方にとって至高のビールは何ですか?

私は、、、
和太鼓の公演でザルツブルク祝祭劇場で演奏したことがあるんです。
メンバーの一人がどうしてもノイシュヴァインシュタイン城に行きたいということで、ドイツ経由でオーストリア入りしました。
当時から呑兵衛の私は、お城よりも、まずはビール。
ドイツに到着したその夜に、早速、モンヒスホーフ醸造所を訪ねました。
お目当てはシュヴァルツビール(ロースト麦芽ビール)だったのですが、醸造家に薦められたのは、ケラー。
まさに樽から出したばかりのビールで、最高の一杯でした。
これまで、いろんなビールを飲みましたが、あの一杯を超えるビールに出会えたことはありません。

醸造家いわく「このビールは、ここの煙突が見えるところで飲まなくてはダメさ!」。

つまりは、この樽から離れてしまってはダメ。
本物の無濾過のセラービールを飲みたければ、ここで飲むしかないんだよ、ってこと。

う〜〜ん、また飲みたいけど、さすがにドイツまでは行けないなあ〜。

jpw01.jpg
jpw02.jpg
jpw03.jpg

posted by るしあん at 21:52| Comment(0) | 日記