2016年08月09日

8月9日に思う


今朝の11時は病院でリハビリ中。
そっと目を閉じ、黙とうをささげました。

外は陽炎が揺れる猛暑。

nagasaki01.jpg
nagasaki02.jpg


長崎の田上市長は今年の平和宣言において、5月27日に広島を訪問したオバマ米大統領を
「その行動によって、自分の目と、耳と、心で感じることの大切さを世界に示した」
と評価しました。
そして、世界の首脳、とりわけ核保有国の首脳や、たくさんの一般市民にも被爆地を訪れてほしいと促しました。


合衆国大統領が被爆地を訪れたことは、他の国の首脳にとっても、訪問しやすくなったことは確かです。
田上市長のおっしゃる通り、世界の首脳は、まずは被爆地を訪ね、被爆者の声を聞き、史料館で映像を見るべきでしょう。
きっと、それが、「人類の未来を壊さないために、持てる限りの『英知』を結集する」第一歩となるのだから。


折しも、テレビでは、リオ五輪で盛り上がっています。
2020年、TOKYOを訪れる多くの外国のみなさんには、広島、長崎を見てほしいと思います。


無垢の御霊に合掌―――



posted by るしあん at 20:00| Comment(0) | 日記