2016年09月22日

ことば B


ことば…… 息子の結婚式に思う、、、、



「星の王子様」の作者、サン=テグジュペリは生前、こんな言葉を残しています。


『船を作りたければ、他人(ひと)に船の作り方をあれこれ伝えるのではなく、果てしなく続く広大な海を慕うことを教えよ。』



「“子育て卒業式”ですね」と言われた時、ふとこの言葉を思い出しました。
私たちにとって、子育ての指針でもありました。

小さい頃は、いつもお姉ちゃんの陰に隠れて泣いてばかりいて、ホームステイしていたUAEの友人からは「レイジーボーイ(泣き虫小僧)」というニックネームで呼ばれる始末。
小中高と引っ込み思案な性格は変わらず、それでも、知り合いなど誰もいない遠い九州の地へたった一人で旅立ったのが10年前。


披露宴最後の息子のあいさつでは、
「誰も知らない九州でたった一人で生活を始めて、たくさんの人と出会い、助けてもらって今日を迎えることができた。
みんなの支えがあったから今の僕がある。
心から感謝している。」
旨の言葉が述べられました。



船の作り方を教えたことはなかったけど、ちゃんと自分自身で船を作ってこぎ出したんだなあ。
支えてくれる人たちへの感謝の気持ちをしっかり持っている姿を見て、
「本当に、私たちの“卒業式”になった!」
と思ったのでした。


kekkonshiki01.jpg


ところで、みなさんは、「マスターとママさんは、どうせ、ここでまたウルウルしたんだろう」と思うでしょ。

ところがどっこい、息子の挨拶に感極まった花嫁のお父ちゃんが隣でオイオイ泣くものだから、私たちは顔を見合わせ思わず微笑んでしまったのでした。


kekkonshiki02.jpg


posted by るしあん at 18:39| Comment(0) | 日記

2016年09月21日

ことば A


ことば…… 息子の結婚式に思う、、、、


子どもの頃、大好きだった『星の王子様』。

王子様はこんなことを言っています。


『おとなは、いちばん大切なことは何も聞かない』

おとなは数字が好きだから。
新しい友だちのことを話しても、おとなはいちばん大切なことを何も聞かない。
「どんな声をしてる?」とか「どんな遊びが好き?」「蝶のコレクションをしてる?」とかいったことはけっして聞かず、「何歳?」「何人きょうだい?」「おとうさんの収入は?」など聞くのだ。

oji.jpg

あなたは、知らない誰かのことを尋ねる時、つい目に見える数字にこだわっていませんか?
数字で人を計っていませんか?
本当のその人は数字では表せないのに、、、、


息子から彼女ができたことを聞かされたとき尋ねたのは
「好きなの?」――「うん。」
「どんな子?」――「やさしい子だよ。」
「どこの子?」――「有田の子で、アルバイト先の焼き肉屋で知り合ったんだ。」
「へえ。じゃ、料理が得意なの?」――「うん。すごく上手。」
これだけ。
息子が選んだ子ならこれで充分。
息子も数字で他人(ひと)を判断するような奴じゃないので。



余談ですが、合コンで最も嫌われる女の子は「年収は?」と聞く子だそうですよ。
ちなみに私は、銀行員時代、顧客(ひと)を見るのは“数字だけ”でした。
年収、年齢、勤続年数、扶養家族数、勤務先企業収益、貯蓄額、クレジット情報etc.
その人の人柄を見るなんてことはなかった、、、、
貧乏な善人より裕福な悪人の方が“いい客”、、、、
そんな世界に嫌気が差したのも辞めた理由のひとつなんです。



チャペルで愛を誓う二人の頭上にフェザーシャワーの羽が舞い降りた時、星の王子様が見えた気がして、またもウルウルしている私なのでした。


fezer.jpg


posted by るしあん at 21:11| Comment(0) | 日記

2016年09月20日

ことば @


ことば…… 息子の結婚式に思う、、、、


先日の息子の結婚式でのこと。
私たち夫婦を式場で出迎えてくれた担当スタッフから、、、


『本日はおめでとうございます。
群馬から遠路お運びいただき、ありがとうございます。
お疲れではないですか?
素敵なご披露宴になりますよう精一杯頑張ります。

そして、おとうさん、おかあさんもおめでとうございます。』


えっ?


『今日は、おとうさん、おかあさんの“子育て卒業式”ですね!』


そっか、そんなこと、考えてもみなかったなあ。

私たちはいい親だったかなあ。
合格点をもらえる子育てができたのかなあ。


それにしても、自然に、他人(ひと)を思いやる言葉が出るこのスタッフのお譲さん、きっとご両親の子育てが素晴らしかったんだろうなあ。


あまりに意表をついたあたたかいことばを掛けられて、息子夫婦の晴れ姿を見る2時間も前に、すでにウルウルしている私たちなのでした。


リハーサル.jpg
サラ・ミラもやさしいお姉さんと一緒にリハーサルを楽しんでいました!



posted by るしあん at 20:47| Comment(0) | 日記