2016年09月25日

「4日間」を考える(のつづき)

昨日のブログを読んでくれたお客さんからこんな質問が、、、、
「やっぱり、社会化の時期を逃してしまった成犬を躾けるのは難しいの?」

誤解をされると困るのですが、幼少期の早い段階で母犬と離れた子犬が全部、問題行動を起こすというわけではありません。
例えば、捨てられた経験を持つ保護犬でも穏やかな子はたくさんいます。

どんな生き方をしてきたかで、人に対して恐怖心が強くて、しつけの難しい子もいます。
でも、基本的に、犬は信頼した人には寄り添って従うものなのです。
社会化の時期を逸してしまった犬でも、愛情をもって、きちんとしつけをすれば問題ありません。
飼い主がどんな生活をさせるかが大事なのです。

実際、るしあんのお客様で虐待をされていた犬を引き取り育てている方がいますが、最初は警戒心が強く他のわんちゃんと遊べなかったのに、今ではランの中を楽しそうにお友達と走り回っています。


もし仮に、早い段階で母犬から離されて情緒不安定な子を飼っている方がいるとしたなら、決して飼い続けることをあきらめないでほしいと思います。
思い描いていた生活にはならず、「こんなはずじゃなかった!」「こんなんじゃいらない!」と思わないでください。

ドッグスクールの中には、『しつけ方教室』といって、飼い主さんにしつけ方をレクチャーしながら、犬の問題行動を矯正してくれるところもあります。

dogtraning.jpg


最後に、これだけは言っておきますが、、、、
「しつけ方次第なんだから、母犬から早く離して売ったって構わないんだ」なんて、屁理屈は通りません。
私利私欲のために、身勝手な売買によって、小さな命が粗末に扱われることが許されるはずがありません。


oyako01.jpg


posted by るしあん at 20:30| Comment(0) | 日記