2016年11月10日

法事に思う


昨日は臨時休業させていただき誠に申し訳ございませんでした。

昨日は私の亡弟の一七回忌。
もう17回目の冬がやってくるのかと思うと、時の過ぎるのは早いなあとしみじみ感じます。


弟はある難病に罹患し、長い闘病生活の末に命を落としました。
発症のメカニズムも解明されておらず治療法もない難病でしたが、今は新薬も出来て日常生活を普通に送れるようになりました。
あの頃は、東京大学病院で実験的に新しい治療が行われていて、知人を通じてその治療を受けさせてもらいました。
東大病院のご厚意により治験にかかる費用は病院の方で負担していただきました。
しかしながら、多くの方々の看護、応援もむなしく、結局、病気に打ち克つことはできませんでした。
それから十年ほど経ったころでしょうか、新薬が開発されたとのニュースを耳にしました。
「新薬の開発につながり弟も人様のお役に立てた」という思いや、「生きているうちにこの薬が間に合えばよかったのに」という思いが交錯して、なんとも複雑な気持ちになったことを覚えています。


houji.jpg


さて、先日のこと、、、

サラ・ミラをまるで自分の子どものように可愛がってくれるお客様がいらっしゃいます。
ふたりもその方のことが大好きで、週末に会えるのを、毎週、とても楽しみにしています。
その方と、法事の話題から、亡弟の病気の話しになったのです。

「マスターの話しに私、鳥肌が立っています」と、心なしか顔も少しこわばっているご様子。

なんと、その方も弟と同じ難病だったのです。
新薬のおかげで、毎日をすこやかに過ごしているのだそうです。



一七回忌を3日後に控えたその日、心から「弟の死も決して無駄ではなかった」と思えたのです。

その方とサラ・ミラが楽しそうに笑っている姿は、、、、そう、、、、
まるで、天国から弟が孫たちを可愛がってくれているようです。



posted by るしあん at 20:54| Comment(0) | 日記

2016年11月06日

糖質制限をちょっと休んで……


昨日は新潟出身のお客様から超〜〜〜うれしいプレゼントをいただきました。
私の日本酒好きをご存知で、「マスター、実家から送られてきたお酒なんだけど、一本、おすそわけね!」


kubota.jpg


これが、その『久保田 生原酒』。
冬限定出荷のお酒なので、なかなか群馬ではお目にかかれなくて、これまで一度も飲んだことがなかったんです。

ということで、糖質制限はチョットお休みして、さっそくいただきました。
原酒なのでフルボディなのですが、スッキリ感があって、すごく飲みやすいんです。
美味しかった〜〜!!!


うまい肴とうまい酒、私にとって、至福の時間です!!



posted by るしあん at 13:00| Comment(0) | 日記

2016年11月04日

犬の痴ほう症


先日、ラジオを聴いていたら、気になるニュースが……。
なんと、現在、老犬の約20%が痴ほう症なのだそうです。
最近、急に夜鳴きするようになったなど、生活に変化が見られるようだと痴呆の疑いがあるようです。
夜鳴きの場合は、孤独感に襲われて不安から鳴くのだとか。
情緒が不安定になるのは、犬も人間も全く同じなんですね。

roken01.jpg


そして、治療も人間と同じ。
残念ながら症状を改善することはできません。
薬によって、これ以上、悪くしないようにするだけです。

犬も痴呆の始まりは“物忘れ”なんだとか。
喋れない犬の物忘れに気付くのは大変ですが、「気になる変化」があった場合は、かかりつけの獣医さんに相談した方がいいでしょう。


成犬や幼犬の飼い主さんは、是非、痴呆予防を今のうちからやってください。
簡単なことです。
孤独にさせず、刺激のある毎日を送るんです。
何も特別なことをする必要はありません。
毎日、きちんと散歩をさせたり、ドッグランなどで遊べばいいんです。
道路に残る他のわんちゃんの匂いを嗅いだり、街の風を感じるだけで刺激になります。
家では飼い主さんのそばにおき、時に話しかけたり撫でてあげたりします。
こんな生活をしていれば、充分な痴呆予防になります。

人間だって、孤独な毎日で、誰とも話さない日々を送れば、一気に痴呆のリスクが高まります。
外飼いにして、散歩もしないでほったらかしにしたら、犬も孤独に苛まれて痴呆を発症します。


may0201.jpg


大事なのは、飼い主も愛犬も、充実した毎日を送ること!
忙しい日々でもあっても、愛犬に向き合う時間は作りたいものですね!!



posted by るしあん at 01:00| Comment(0) | 日記