2016年11月04日

犬の痴ほう症


先日、ラジオを聴いていたら、気になるニュースが……。
なんと、現在、老犬の約20%が痴ほう症なのだそうです。
最近、急に夜鳴きするようになったなど、生活に変化が見られるようだと痴呆の疑いがあるようです。
夜鳴きの場合は、孤独感に襲われて不安から鳴くのだとか。
情緒が不安定になるのは、犬も人間も全く同じなんですね。

roken01.jpg


そして、治療も人間と同じ。
残念ながら症状を改善することはできません。
薬によって、これ以上、悪くしないようにするだけです。

犬も痴呆の始まりは“物忘れ”なんだとか。
喋れない犬の物忘れに気付くのは大変ですが、「気になる変化」があった場合は、かかりつけの獣医さんに相談した方がいいでしょう。


成犬や幼犬の飼い主さんは、是非、痴呆予防を今のうちからやってください。
簡単なことです。
孤独にさせず、刺激のある毎日を送るんです。
何も特別なことをする必要はありません。
毎日、きちんと散歩をさせたり、ドッグランなどで遊べばいいんです。
道路に残る他のわんちゃんの匂いを嗅いだり、街の風を感じるだけで刺激になります。
家では飼い主さんのそばにおき、時に話しかけたり撫でてあげたりします。
こんな生活をしていれば、充分な痴呆予防になります。

人間だって、孤独な毎日で、誰とも話さない日々を送れば、一気に痴呆のリスクが高まります。
外飼いにして、散歩もしないでほったらかしにしたら、犬も孤独に苛まれて痴呆を発症します。


may0201.jpg


大事なのは、飼い主も愛犬も、充実した毎日を送ること!
忙しい日々でもあっても、愛犬に向き合う時間は作りたいものですね!!



posted by るしあん at 01:00| Comment(0) | 日記