2016年12月12日

物々交換


この時期、毎年、我が家は“味噌大臣”になるんです。

何故か、、、、
それは、地元のJAが、クズ米や古米とお味噌を物々交換してくれるからなんです。


みそ.jpg


どの稲作農家も大抵、古米をもてあましているのが現状。
畑の肥やしにもならないし、そうかといって、いくら古米とはいえ丹精込めて作った米を捨てるのも忍びないし、、、、
JAの方では、クズ米で家畜飼料を作ったり、古米を煎餅などの加工品や漬物などに利用するので、需要があるのです。
そこで、この物々交換が成立するというわけ。


るしあんでは、おかげさまで皆さまにお買い上げいただいているので、新米の収穫期に前年米が終わり、古米が出ることはないんです。

「じゃあ、なんでお味噌がたくさんあるの?」ってことですが、、、、

実は、るしあんでは、収穫した新米を自分たちで乾燥から脱穀・脱ぷまでを行っています。
その過程で、重さ不足の未成熟米や、胴割れ米を厳しく選別しています。
だから、通常よりクズ米扱いとなる量が多くなるんです。
クズ米といっても、ちゃんと食べられるレベルなんですよ。

コーヒー豆も、選別を厳しく行っている珈琲店の豆は家庭でも美味しいコーヒーを淹れることができるでしょ。
それと同じ理屈です!

ちょっともったいない気はしますが、美味しいご飯のためには、厳しい選別は不可欠なんです。

以前、ブログで書いたことがあるのですが、こうした古米や余剰米を飢えに苦しむ世界の子ども達に届けることができないかなあ!!



posted by るしあん at 20:30| Comment(0) | 日記

2016年12月10日

廃車


一昨日、相棒の愛車を廃車してきました。


十年近く前のこと、ディーラーで偶然、見つけた真っ赤なプレマシー。

ASQURE(アスキュール)の特別仕様で、フルエアロに真っ白なアルミ。
内装はレザーシートカバーで、黒基調でキリッとしまってて、、、
DVDモニターが4つ着いているのも魅力的だった!
モーターショーの展示車両だったとのこと。

まさに“一目惚れ”で購入した愛車でした。

これまで、いろいろな車に乗ってきましたが、衝動買いしたのは初めてだったなあ。


asque.jpg


それにしても、愛車を手放す時は、なんとも寂しいものですね。
いろいろな思い出が蘇って、チョット感傷的になります。


中古車で再び国内を走るのか、どこかの外国に行くのかはわかりませんが、バックにLabrador Retrieverの大きなステッカーの貼ってあるアスキュールプレマシーを見かけても、るしあんの車ではありませんので、クラクションやパッシングの挨拶はしないでネ!


そうそう、下取り価格なんですけど、犬の毛とひっかき傷のせいで2〜3万円も下がってしまった……
これも愛犬家の宿命、、、、 仕方ないですよネ!!


目下の相棒は“軽トラ”です(^v^)/

posted by るしあん at 19:13| Comment(0) | 日記

2016年12月08日

山廃


私の日本酒好きは、このブログでも度々書いています。
「○○がうまかった〜!!」なんて話題ばかりですが、いつも純米吟醸か大吟醸の銘柄になってしまいます。
そこで、今日は「山廃」について―――


「山廃」というと、私には少し重い感じがして、チョット敬遠してきました。
私の飲兵衛友達のひとりに、敢えてフルボディの重い酒をロックで飲む奴がいます。
彼の持論は、「“山廃”のうまい蔵元に失敗なし!」。
杜氏の技量が如実に表れる山廃仕込みが美味しければ、どの酒も美味しいというもの。

刑事ドラマでは、今や科学捜査の時代で、“刑事のカン”に頼らなくなりました。
実は酒造りも同じで、醸造はコンピューターによって徹底した温度管理が為され、ノウハウはデータベース化されて、“杜氏のカン”だけで造る蔵はほとんどありません。

お酒でも刑事ドラマでも、昔気質の頑固ものが主役の方が、重厚さが増すんだけどなあ。


さて、そんな山廃・生酛好きの友人のオススメは、「菊姫」。
極寒手造りにこだわる美味しさは、『美味しんぼ』のモデルになったほど。
山廃を語るには外すことのできない銘柄です。

私のオススメは「ひらの(浦霞)」「東洋美人」かなあ。

hiranoyamahai.jpg

今宵のお料理は余ったベシャメルで作ったまかないのドリア。お酒は「ひらの」。
チーズの味に負けず、果実のような芳しい香りの日本酒を味わえます。

是非、お試しを!!


※「そもそも、“山廃”って、一体、何なんだ?」という方は、申し訳ございませんが、各自、ググッてくださいナ。

posted by るしあん at 22:30| Comment(0) | 日記