2017年03月29日

諸行無常  ―U氏に捧ぐ―


過般は私たち夫婦の恩人の告別式。
私たちの農業の師匠でした。
米作りやカボチャ作り、シャドークィーンの栽培の方法など、実にたくさんのことを教えていただきました。
私がいっぱしの百姓になれたのも師匠のおかげなのです。

「お〜い。田植えはいつするんだや? 苗は順調か?」
「バターナッツの苗を持ってきたから植えてみろ。お店のケーキがうんまくなるゾ!」
野良仕事をしながらいつものあの声が聞けないと思うと残念でなりません。
諸行無常とはいうものの、心にぽっかり穴が空いてしまったようです。

いつものように晩酌を楽しみ、料亭を営む息子さんが握ってくれたおにぎりを頬張りながらそのまま逝ってしまいました。
「ほら、おとうさん。そんなとこで寝ちゃうと風邪ひいちゃいますよ。」
奥さまとのいつもの会話が、最期のことばになってしまったそうです。


この先ずっと、私たちが生きているかぎり、師匠のことは忘れないでしょう。
田畑に立つ度に、師匠の面影を探し続けるでしょう。

ありがとうございました。


―合掌―


dennenn01.jpg


posted by るしあん at 21:00| Comment(0) | 日記