2017年05月19日

食品衛生優良店に選ばれました!!


この度、ドッグカフェるしあんが、渋川地域食品衛生協会より「食品衛生優良店」として協会長賞を受賞いたしました。

お客様に安心・安全な食を提供しようと日夜頑張ってきましたが、その努力が認められてとても嬉しく思います。

特に、動物と一緒にワンフロアで食事をするお店なので、保健所等などからもより厳しい衛生管理を求められていますが、食品衛生推進員さんから「とても綺麗なお店ですね」とお褒めの言葉をいただくことができました。

これを励みに、今後も尚一層の努力を続けて、皆さまに安心・安全な食の提供、および健全な食材の生産を心がけていきたいと存じます!!

ありがとうございました!!!

hyoushou01.jpg

hyoushou02.jpg





posted by るしあん at 21:12| Comment(0) | 日記

2017年05月12日

ヘンタイ?


昨日は定休日で朝から農作業。

さつまいも用の畝(山)作りと、かぼちゃの移植をしました。

午後は、本屋さんにでかけて、のんびり立ち読み&本選び。

今回、買ったのは一冊だけ。

話題の『蜜蜂と遠雷』を買ってきました。

さっそく読み始めましたが、とにかく面白い!

最初から、物語に引き込まれてしまいました。

hachimitsuenrai.JPG


家庭訪問で早く帰宅したサラが、読書に耽っている私の方をのぞき込み、

「じいじ、何、読んでるの?」

「『蜜蜂と遠雷』っていう本だよ。面白いんだよ。」


「えっ、“ハチミツとヘンタイ”!!! キャハハ!!!」

どこで覚えたんだか、ヘンタイに馬鹿ウケ!

「違うよ、サラ! エンライだよ。遠くでゴロゴロしてる雷だよ。」

私の説明なんてまったく聞かないサラは、ミラにも教えて、2人で「ヘンタイ、ヘンタイ!」と大笑い。


「ミラちゃん、あした、ゆうセンセに“じいじはヘンタイの本を読んでいるんだよ”って教えてあげるんだ!」


やめてくれよ〜、変な誤解されたら保育園にお迎えに行きづらくなるだろ!!!



posted by るしあん at 22:04| Comment(0) | 日記

2017年05月09日

これって群馬だけ?


昨日のTBSラジオ『たまむすび』で大盛り上がりしてた
「群馬県人は独特な数字の数え方をする」
という話題。

聴いている私の方が『え〜〜っ!!!!』とビックリしました。

だって、私自身、生まれて55年、これまで一度たりとも自分の数え方が他県と違っているなんて思ってもいなかったので、ものすごい衝撃でした。

活字では、メロディー(節回し)を表現できないので残念ですが、11以上を数える時、群馬県人だけが民謡音階を使っているんですって。

簡単に言えば、標準(全国)ではド・レの音だけで数えているのですが、群馬県人はラ(1オクターブ下のラ)・ド・レでメロディーを作っているそうです。

つまり、
西洋音階が、ドレミファソラシド
民謡音階が、ラドレミソ(ファシがなくラから始まる)
ですから、
標準的な数え方は西洋音階で、群馬県人だけが〈民謡調〉に数えていることになります。



そういえば、生まれてこのかた、他県の人の数えるところなんて聞いたことなかったなあ。
おっきな声を出して唱和するなんて、小学校の時の玉入れ(あるいは大縄とび)や、子どもとお風呂に入った時くらいだし、、、、

福岡の息子もそのうち子どもと一緒にお風呂に入って数を数えるのだろうけど、その時、佐賀の嫁さんから何て言われるか楽しみです。
きっと「佐賀の数え方がおかしいんだよ!」なんて言って、その時初めて自分の数え方の方が特殊だったと知り恥をかくのだろうなあ。


それにしても、、、、
誰がなんと言おうと、“俺の数え方こそ標準”だ!!
と、思う私なのです。



そうそう、ミラのスタバカードは「FUKUOKA」カードなんですよ。
愛用のキャップはピンクのソフトバンク帽で、見た目は鷹ガール。
スタバのおねえさんに「福岡出身なの?」って訊かれますが、れっきとした群馬県人。

数え方は、もちろん、“民謡調”です!!!!


DSCN7667.JPG


posted by るしあん at 20:57| Comment(0) | 日記