2017年07月11日

伝える力


先日の全国高校野球選手権の東・西東京大会開会式での早稲田実業高校の清宮幸太郎選手の行った選手宣誓―― すごく感動しました。

野球に対するひたむきさ、情熱、共に夢を追う仲間への思いやりと戦いに臨む決心とが、ストレートに聴衆に届きました。

小林麻央さんのブログにちなんで“愛の選手宣誓”と言われていますが、これまで、選手宣誓がこれだけ話題になることはなかったと思います。

大人の用意した「スポーツマン精神にのっとり正々堂々……」なんて言葉で繕っても、そこに“心”が込められていなければ、誰も感動なんてしません。

自分の言葉で、素直な気持ちを表現したからこそ、聴いている私達の心に響いたのでしょうね。

kiyomiya.jpg



そして、もうひとつ、最近、感動したもの、、、

それは、“タイ版 パンテーンCM”。
もう3年も前のCMなのですが、先日、初めて見ました。
これまで聴いた「カノン」の中で最も心が震えました。

YouTubeで観られますので、検索してみてください。


panteen.jpg


言葉であれ、音楽であれ、そこに熱い思いが込められていれば、それは大きな“伝える力”になるのでしょうね!



posted by るしあん at 23:51| Comment(0) | 日記

2017年07月10日

農業人口


昨日のブログネタは国勢調査だったので、今日は農業白書から……

みなさんは、「農家の高齢化による離農が相次いでおり、農業に携わる人の数も減っている」と思っていませんか?

ところが、白書によると、農家数は減っているものの、農業法人や個別経営の農家に雇用されて農業に従事する人は増えています。
さびれる一方の農業と思われがちなのですが、実際は農業人口は増えているんです。

農業法人に常に雇われている人は約10万人。10年前の2倍の数字です。
そのうちの3割弱が、34歳以下の若者で、そのほとんどが非農家出身なのです。


wakamononogyo01.jpg


私は、若い人が職業として農業を選んでくれるのはとても嬉しく思います。

ただ、心配なのは農業法人で永く働き続けられるかということ。
一般の企業とは違う農業の世界で、「農業の経験や技術を身に付けていく過程の中で、係長・課長・部長・取締役など役職を与えていくことは可能なのだろうか」と思ってしまいます。

むしろ、独立支援の方が効果的で現実的なのではないでしょうか。
農業法人でノウハウを蓄積した若い人を対象に、周辺で離農する高齢農家から預かった農地を借りて独立する。
独立後も従事していた法人の販路を活用する。ノウハウをデータベース化して共有する。

いわば“百姓ののれん分け”。

このスタイルの方が、農業が活性化すると思うのですが、、、、


私なんぞは、耕作面積も少ない新参の百姓ですが、いつかは若い農業従事者を応援したいなんて思います。



隣のチンピラ国家からいつミサイルが飛んでくるかわからない物騒なこのご時世。
有事による国際物流のストップに備えて、食料自給率を上げるためにも、農業の活性化は絶対に必要なんだけどなあ。


posted by るしあん at 21:53| Comment(0) | 日記

2017年07月09日

吉岡は過疎?


総務庁が行う国勢調査を基に行う集計に、市町村ごとの“昼夜の人口比率”というのがあるんです。

簡単にいえば、「昼と夜でどれだけ人口に差があるか」ということ。

当然、昼が多くなる町もあれば、夜が多くなる町もあります。

夜間人口と昼間人口の定義はこうです。
夜間人口:その市町村に住んでいる人の数
昼間人口:通学や通勤で行き来する人口を加減した数


この調査で、なんと、ここ吉岡町が全国で28位だったのです。

一見、28位なんて大したことないと思われがちですが、全国の市町村(+東京23区)は1,741ありますので、“1,741中の28位”がどれだけすごいことかおわかりいただけるかと思います。

昼夜人口差が最も大きかったのは、東京都千代田区。
夜間人口5万8千人に対し、昼間は85万3千人。
企業や役所が集中しており、区外から通勤してくる人が際立って多いのが要因です。
昼間は住んでいる人の実に14.61倍もの人が流入しています。
80万人もの人が通勤通学電車で押し寄せるのだから、電車だって超満員になるわけだ、、、
田舎もんの私には、とても生活できそうにないなあ。


我が吉岡町というと、、、、
夜間人口2万1,080人に対し、昼間は1万6,081人。
千代田区とは逆に昼間人口の低さが際立っています。
比率は0.76倍。
安心、安全、便利な町として人口は増えているものの、働く場所が少なく町内雇用が生まれていないということなのでしょう。
文字通り“ベッドタウン”。雇用確保のための企業誘致が課題ですね。

大型の商業施設などが多数あるので、買い物客などの商流人口でにぎわっている吉岡ですが、
『昼間人口低さ 吉岡町が28位』
なんて、新聞の見出しを読むと、過疎化が進むさびれた町って印象です。



さてさて、るしあんを取り巻く環境は今後どう変化していくのやら……


yosiokahukei01.jpg

〈参考・出典:上毛新聞〉


posted by るしあん at 22:00| Comment(0) | 日記