2017年08月29日

再生プロジェクトB


鋼のチップソーのおかげで作業も進み、西隣の田んぼとの境が顔を出しました。

相変わらず、腰痛、左脚の痺痛のせいで、作業スピードは遅いのですが……。

雑草の山を切り倒し、隣の田んぼが見えてくると、その先の住宅がすごく近くて驚きました。


kaikon004.jpg


地主の老夫婦に「だいぶ、元の田んぼの姿に近づいてきましたよ」と進捗状況を話したら、大変、喜んでくれました。

なんでも、田んぼの周辺は住宅建設が急激に進み、地主さんのところにも、不動産屋・デベロッパー・葬儀屋などが、「土地を売ってくれ」と訪ねて来るそうです。

そのたび、ふたりで作ってきた田んぼだからと守ってきたとのこと。


「そっか、単なる“耕作放棄地”かと思っていたけど、老夫婦にしてみれば、たとえ米が作れなくなっても大切な田んぼなんだなあ」
ちょっと、感慨深くおふたりの話しを聞いてきました。



よっしゃ! ふたりのためにも、美味しい米の獲れる田んぼをつくるゾ!!!


to be continued


posted by るしあん at 21:29| Comment(0) | 日記