2017年09月20日

犬の白内障


うちのアロマの白内障の場合、老齢によるもので、年齢を重ねるごとに、徐々に症状が進行していきます。

多くの犬が加齢による白内障になりますが、視力を失わずに済む場合もあります。
ただ、失明はしなくても視界の白濁により、思うように走れなくなったり、物にぶつかってしまったりということが起きます。
そうすると、これまで簡単に出来たことが難しくなってしまったことに対するイライラが募ってきます。
犬も人間と同じなんです。
私も若い時には簡単だった作業がしんどくなるし、狭窄症を起こしてからは歩くのもつらくて、自分の不甲斐無さにフラストレーションが溜まります (T_T)

犬の場合は、フラストレーションだけでなく、“不安感”が強く表れてきます。
急に夜鳴きをするようになった、甘えが強くなり甘咬みするようになった、他の犬に吠えかかるようになった、などなどは不安な気持ちの表れかもしれません。
シニア犬でこれらの変化が出てきたら、視覚や嗅覚、聴覚に衰えが始まった可能性もあるので、獣医さんの検診を受けた方がいいかもしれませんね。

アロマの場合は、「朝カフェに出かける時に私の軽トラではなく車高の低い女房の自動車に乗りたがる」、「家族に対して“撫でて、撫でて”の甘えが強くなった」、「ランに出てもお客様のワンちゃんとあまり遊ばなくなった」等の変化が顕著です。
視力の他、筋力も落ちたので車に飛び乗るのがおっくうになったのかなあ。

残念ながら、白内障の進行を遅らせる薬はありますが、治療する薬はありません。
手術によるレンズ交換という方法もありますが、今はまだそんな段階ではないので、、、、


wanokiwami01.jpg

wanokiwami02.jpg


と、いうことで、サラが選んだアロマの敬老の日のプレゼントは「目にいいおやつ」になりました。
ミネラル成分が多い、魚系のおやつなんですよ。


これからは、白内障の進行を遅くするように、生活改善をしなくっちゃ!!


posted by るしあん at 06:25| Comment(0) | 日記