2018年01月14日

ざる観音


今日、1月14日は矢落観音(ざる観音)の縁日です。
このブログでも毎年、ざる観音の話題を綴り、早3回目となりました。

今朝、お参りしてきたのですが、サラ、ミラも一緒でしたので、いろいろな屋台をのぞきこみ、結局、開店時間をちょっと遅刻してしまいました。

フルーツ飴やベビーカステラなどを買い込みニコニコのふたりでした。


2018zaru01.jpg
2018zaru02.jpg


屋台も参拝者も年々減少しさみしいかぎり、、、、
町の発展はうれしいのですが、反面、民俗、風習が消えてしまわぬように祈るばかりです。



posted by るしあん at 12:23| Comment(0) | 日記

2018年01月13日

恐竜探し


すみません。今日はローカル・ネタです。
群馬県人じゃないとピンと来ないかもしれません。


huressei01.jpg


数か月前のこと、女房とふたりで近所のスーパー「フレッセー」でお買いもの。

「そういえば、俺、どこかでフレッセーのマスコットキャラクターで“フレッシー”っていう恐竜を見かけたぜ。」

「そんなのいないよ。何十年って買い物に来てるし、広告チラシだって隅々まで見てるけど、恐竜のキャラクターなんて見たことないよ。」

「いいや、何かで見た! 絶対、いる!!」

とまあ、いる・いないでケンカとなって……

スマホを取り出しネット検索するも無し。
店内くまなく探しても無し。
パートのおばちゃんは「さあ? 恐竜じゃなくて移動販売車がフレッシーだけど!?」。

う〜〜ん、くやしい!
絶対、フレッシーという恐竜はいるんだ!





そんなやりとりがあったことも忘れていた今日、とうとうフレッシーを発見した!!!
たまたま手に取ったフリーペーパーの片隅にそれはいた!!!


fressii.jpg


ほら! ホントにいたでしょ!!!



みなさんもフレッセーでお買いものの際は、是非、“フレッシー探し”をしてみて!!!



posted by るしあん at 21:46| Comment(0) | 日記

2018年01月12日

百姓、消防士に怒られる


先日のこと、うちの田んぼの隣のおじさんが、畑で枯れ草を燃やしていたところ、ちょうど巡回中の消防車(指令車という真っ赤な軽ワゴン)が来て、消防士さんに怒られていました。
近くに人家などない田畑の真ん中なのに、、、、
風は無い日だったけど、乾燥注意報が出ている時だから仕方ないか、、、、
一昔前は、どこのお百姓さんだって枯れ草や土手は燃していたんだけどなあ。

tanbotakibi02.jpg


家庭でも一斗缶に空気穴を空けた即席の焼却缶でもって、ゴミを燃していました。
ダイオキシンの問題もあるし、自治体のゴミ処理施設が整備されたので、今は全く見かけなくなりましたが……。

そういえば、「焚き火」もとんと見なくなりましたね。
日本人にとっては焚き火は、晩秋から冬にかけての“風物詩”。
庭や寺社の境内、町内などで、落ち葉や枯れ木の焼却処分を目的に「落ち葉焚き」が行われていました。
サツマイモやお餅などをくべて作った焼き芋や焼き栗、焼きみかんは、ホント美味しかったなあ。


そもそも人類は約50万年前から焚き火をしていたそうですよ。
日本では、日本書紀(720年)の「天石窟之条」に書かれた『火処焼(ほどころたき)』が、文献に記された初めての焚き火とされています。
きっと、私達のDNAの中には焚き火を楽しむことが刷り込まれているんです。
だから、現代では、気軽に焚き火ができなくなっても、バーベキューに受け継がれ、家族やご近所とのパーティーなどでふれあいを深めているのかもしれません。

風情という点では、やはりBBQより焚き火ですけどね!
でも、いつか、BBQが俳句や短歌に詠まれて季語となる日がやってくるのかなあ!?


「焚火かなし 消えんとすれば 育てられ」 高浜虚子



takibi01.jpg


「焚火かなし 消えんとすれば BBQ」 平成生まれ子  なんちゃって……



posted by るしあん at 21:25| Comment(0) | 日記