2018年03月27日

下からのぞくのがいいんです


映画「北の桜守」の終盤、、、、

満月の夜に満開の桜の下で、吉永小百合が桜を見上げます。
満月の黄金色のあかりと、夜空の群青色、桜のピンクが見事なコントラストを映し出します。
そして、吉永小百合の凛とした美しさが輝きます。


tsukitosakura01.jpg



京の桜守、佐野藤右衛門さんによると、桜と月には密接な関係があるそうです。
月の引力に引かれ、3月の新月から満月に向かって一斉に咲き出すのだとか。
今年は新月が3月17日で、31日に満月を迎えます。

31日の満月の晩に満開の夜桜見物に出かけてはいかがですか!
月あかりに照らされる特別な桜が見られるかもしれません。


そうそう、佐野さんはこんなことも教えてくれています。
普通の花は太陽の方を向いて咲きますが、桜だけは不思議なことに下に向いて咲きます。
なぜだか理由はわかっていないそうです。
ですから、一番いい花見の仕方は、桜の下であおむけに寝て“下から見上げる”のがベスト。
ゴザやムシロを敷いてほしいそうです。
なぜなら、ビニールシートだと、桜の息が出来ないから。


そして、自然の不思議がもうひとつ。
桜が咲いている間は、わるい虫は出てこないそうです。
佐野さんいわく「神様が人間に自然を楽しむようにしてくれているから」。


私達は神様に感謝しなければいけませんね。




posted by るしあん at 22:23| Comment(0) | 日記

2018年03月26日

犬好き群馬県


群馬県は“犬好き”といわれています。
人口100人当たりの飼い犬頭数が、6.54匹で、全国で4番目の飼い犬の多さとなっているんですよ。(都道府県格付研究所調べ)


そういえば、銀行員時代には、顧客訪問に回っていると、よく番犬に吠えられた記憶があります。
あの時、「犬を飼っているお宅って、結構あるなあ」なんて漠然と思いましたもんね。
当時はビーグルを飼っていたので、なんとなくビーグルのお宅には親近感が湧いたものです。
“外飼い・番犬”が当たり前で、家の中で飼われている犬は“座敷犬”とか“抱き犬”とか言われて珍しがられていたんですよ。
ドッグフードなんて高級品で、どこの家でも残飯を食べさせていたんだから、今じゃありえない飼い方ですよね。
これも消えゆく昭和の記憶のひとつなのかなあ!?




normal-3.jpeg



さて、話しを戻します。
では、犬好きの県ベスト3は、というと、、、、
@三重県  7.33匹/100人
A香川県  7.22匹/100人
B岐阜県  6.58匹/100人

以下、群馬、山梨、愛知と続きます。
最下位は山形で、東京、福井、秋田がワースト4。

全体的には、東海地方が多く、日本海側が少なく、九州が全国平均に近い頭数になります。


実はこの特徴は、日照時間の長さと同じなのだそうですよ。
都会は住宅事情により飼い犬が少ないので除きますが、それ以外の県は“晴れの多い所の方が飼い犬が多い”ということになります。

実際、ここ群馬は関東の中でも晴れが多いんです。

“犬は散歩させなければいけない”ということが、飼い犬数と日照時間に相関関係をもたらせているのかもしれませんね。



normal.jpeg



posted by るしあん at 21:19| Comment(0) | 日記

2018年03月25日

京の桜守


先日、「北の桜守」の話題をブログに書きましたが、今日の読売新聞コラム「編集手帳」に“京の桜守”の話題が載っていました。

京の桜守16代目佐野藤右衛門さんいわく、「三分咲きとか五分咲きとか、桜の開花を“数値化”するのは無理な話」なのだとか。
木は一本ごとに異なり、見る人の感じ方も様々だからなのだそうです。

佐野さんの言い回しは実に粋です!
「ほこびかけてきた」
「笑いかけてる」
などなど。


DSCN8408.JPG


これは、るしあん東の川原田不動尊の今日の武運長久の桜です。

毎年、綺麗に咲き誇り、私たちの目を喜ばせてくれます。

今は、ほころびかけているところ。
今週末には、笑いかけてくれるでしょう。



ドッグランからも「花咲み(はなえみ)」が愛でられると思います。

愛犬と花めく季節をお楽しみください!!!




posted by るしあん at 14:19| Comment(0) | 日記