2018年03月11日

あれから7年


あれからもう7年も経つのですね。

先日来、テレビでは震災を振り返る番組が増えてきました。

サラの父方の祖母と曾祖母は昨年、高崎のアパートを引き払い、故郷の大船渡に帰っていきました。
ふたりっ子は、おばあちゃんとおおばあちゃんに会えなくなるのが、ちょっと寂しそうでした。

岩手の水沢に住む私の従兄は、当時勤めていた電気部品メーカーを辞め、高齢者施設に勤務しています。
「人の役に立つ仕事をしたい」と、震災がきっかけとなって転職しました。

みなそれぞれ、この7年で、新しい道を歩みだしたようです。


冒頭、“もう7年”と書きましたが、被災した方々にとっては、とても長い7年だったのではないでしょうか。
あの日から深い悲しみに時計が止まったままの方も少なくないのでしょう。

喪失の悲しみを心深く納めた方、今も長い喪が続いている方、、、、
歳月は人を癒してくれているのでしょうか?



報道によれば、復興住宅(災害公営住宅)は9割が完成して仮設からの移住が進んでいるそうです。
失われた街も、今は災害前には想像もできなかった形に復興しています。

でも、、、、
一方で、復興が進むほどに置き去りにされたような孤独、孤立感、喪失感に苦しんでいる人もいます。



神はなんて大きな試練を与えるのでしょう。

私たちが決して忘れることのない3月11日が今年もまた来ました。



御霊に合掌――



shinsai7.jpg



posted by るしあん at 22:17| Comment(0) | 日記