2018年03月17日

ちはやふる


昨夜はテレビで映画『ちはやふる』が放映されて、孫たちは2週に亘って楽しんで観ていました。


chihayafuru02.jpg


そういえば、先日のお客様、ご出身は名古屋だそうで、、、、
中学校の時、授業で百人一首を暗記しなければならなかったそうです。
無理やり覚えたので、嫌な思い出しかなく、とてもカルタをするまでには至らなかったとのこと。
群馬に嫁いで来て、子どもが小学校にあがり、『上毛カルタ』を楽しんでやっているのを見て、とてもうらやましかったそうです。
子どもたちのために詠み札を読むうちに、ご自身も群馬の偉人や観光地、文化などを勉強できたと喜んでいました。


そう、私たち群馬県人は『上毛カルタ』という郷土カルタがあって、幼少の頃より慣れ親しんでいるのです。
サラたちは保育園の時からやっているので、今、私でも勝てません。

もちろん、保育園児に詠み札の意味は理解できるわけではありません。
そこにはゲーム性があって、“遊び”として覚えているんです。
意味を理解するのはもう少し学年が上がってからなのでしょうが、郷土を知り、郷土を愛するという意味では、非常に優れた教材といえるでしょう。

また、群馬住みます芸人のアンカンミンカンや、群馬出身の落語家、立川談四楼師匠などは、地元ウケするネタで、上手に上毛カルタを使っています。
郷土愛あればこそのネタ、マクラなのでしょうね。


前出のお客さまも「最初にゲーム感覚で、百人一首にふれられれば苦い思い出にならずにすんだかも」なんておっしゃってましたが、その通りなのでしょうね。


jomo007.jpg
jomo002.jpg


では、逆に郷土カルタがどっぷり身に付いている私たち群馬県人は、どのように百人一首に親しめばいいのでしょう!?
受験勉強のように無理やり丸暗記しようとすれば、逆効果。
古典嫌いの人は、ますます古典が嫌いになってしまうかもしれません。


さっ、そんな時の、私のおススメは、、、、
やっぱり、落語です。
是非、落語の『ちはやふる』を聴いてください。
あまりのバカバカしさに、古典が好きになると思いますよ!
受験生のみなさんも“頭やすめ”にどうぞ!


先日、ネットで調べたら、YouTubeに三遊亭小遊三師匠の噺しでアップされていました。
おもしろかったデス!!!


chihayafuru01.jpg


posted by るしあん at 20:49| Comment(0) | 日記