2018年03月28日

そだねーチョコレート


平昌オリンピックで人気が沸騰した女子カーリングチーム「LS北見」の選手たち。
早くも流行語大賞候補になった「そだね〜」。
明るく前向きな戦いぶりと屈託のない笑顔を見ると元気がもらえます。



rocka01.jpg



なんて思っているのも束の間、はしっけえ(素早い)人もいるようで、早速、この『そだねー』を商標出願した企業があったそうです。
それは、あの「六花亭」。
北海道みやげの定番、「六花亭チョコレート」や「マルセイバターサンド」。私も大好きです。

今後は「そだねーチョコ」や「そだねーバターサンド」が北海道みやげの人気商品になるのかなあ。


私なんか、商標出願のニュースを聞いた時には、ただ単に「六花亭かあ。そだねー○○○なんてお菓子が開発されるんだろうなあ。」なんて思いました。
「チョコやバターサンドの箱がストーンの形になるのかなあ。」
「チョコの包み紙をカー娘の写真にするのには、6種類の味なのに5人娘じゃ、ひとり足りない」とか、どーでもいい想像をしていました。

ところが、世間の評判はそう単純なもののようではなく、
「北見と何の関係もない帯広の製菓会社が独占するなんて!」
「北海道の宝を独り占めする気か!」
などなど、否定的な意見も多いようです。

かたや、
「北海道のイメージアップにつながる!」
「休憩タイムのおやつに美味しいお菓子を作って!」
と肯定的な意見もあって、ネット上では賛否両論で盛り上がっているそうです。


私は、六花亭でもどこでも北海道の優良企業なら賛成。
中国や韓国のわけのわからない奴に商標登録されて、わけのわからないお菓子に「そだねー」をネーミングされたら一大事。
「使いたかったら金を出せ!」なんて脅されたんじゃ、知的財産の損害にもなりかねませんからね。
悪徳業者を排除するのには、いち早く商標出願して正解だったんじゃないでしょうか。

「六花亭」には是非、独占しないで、北海道の優良企業にはどんどん使わせて欲しいなあ!!



特許庁によると、審査結果は10月過ぎになるとか。
商標ブローカーに先手を打たれていないことを祈るばかりです!!




posted by るしあん at 12:23| Comment(0) | 日記