2018年04月12日

桜の季節は終わってしまいましたが……


桜はもう青い葉っぱが繁り、季節は新緑まぶしい皐月を迎えようとしています。

え〜、こんな時期に、また、桜の話題?

否!!

今日は、桜ではなく犬の話題です!



みなさんは「イヌザクラ」という桜をご存知ですか?

桜の仲間なのですが、残念なことに、桜ほど綺麗な花は咲かないんです。



そんなイヌにまつわる植物を紹介すると、、、、

・イヌブナ: ブナに似ているがブナより樹皮が黒い

・イヌザンショウ: 山椒に似ているが山椒ほどの風味はない

・イヌビワ: 実の形がビワに似ているがおいしくない。イチジクの仲間。

・イヌセンブリ: 薬草のセンブリに似ているが苦くなく薬効も少ない。

・イヌホオズキ: ホオズキの仲間なのに実が小さい。


おわかりになりますか?

残念なことに“イヌ”が付くと、みんな「なんちゃって」の植物になってしまうのです。

別に、犬が悪いわけじゃないのに、、、、 犬にしてみりゃ甚だ迷惑な話し。


inufuguri02.jpg


語源を紐解くと、実は「犬」ではなくて、打ち消しの「否」(イナ)がイヌに転じたとのこと。

ということで、イヌの付いた名前の植物はまがいもの、なかには毒のあるものまであるのでむやみに食べない方がいいみたいですよ。



最後に、犬の名誉挽回のため、否の意味ではないものをひとつ!

・オオイヌノフグリ: 果実が犬の陰嚢(キンタマ)に似ている!!



って、おいおい、下ネタじゃあねえか!!


おあとがよろしいようで!


inufuguri01.jpg



(参考:鳥取県庁HP)




posted by るしあん at 09:14| Comment(0) | 日記