2018年07月24日

百姓、田んぼで昨今の暑さを考える


今日も暑かった、、、、
そして、今晩も気温は下がらず、、、、
扇風機だけでは堪えられん、、、、つらい、、、、


kouon01.png


昨日に引き続き‘暑さ’の話題で書こうと思いますが、今日はコメの話し。


実は、温暖化が進むとコメの栄養素が減少してしまうというんです。
正確にいうと、“温度が上がると”ということではなく、“二酸化炭素濃度が上がると”ということなんですが。

「CO2濃度が上がるとコメに含まれる栄養素が減少する」との研究結果がアメリカ科学誌『サイエンス・アドバンシズ』に発表されました。

発表したのは、日米中合同の研究チーム。
茨城県つくばみらい市と中国江蘇省の水田で実験を行いました。
CO2発生機を使ってイネを高濃度状態にして、収穫後のコメに含まれる栄養素を調査。
その結果、通常の水田で育てたコメと比べ、たんぱく質は平均で10.3%、鉄分は8.0%、亜鉛は5.1%減少しました。
ビタミンB群では、B1=17.1%減、B2=16.6%減、B5=12.7%減、B9=30.3%減となりました。


国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書によれば、地球温暖化に伴って今世紀末には、CO2は現在の403.3ppmから570ppmに上昇するといわれています。


こうした予測から、今世紀末から22世紀初頭にかけて、気温の上昇に伴って穀物の収量が大幅に減少し、CO2の上昇に伴って穀物の栄養素が大幅に減少することが明らかです。

つまり、このまま地球温暖化が進めば、近い将来、『コメを主食とする地域の栄養不足が深刻化する』のです。

もしかしたら、毎年、飢饉に襲われ、やっと食べられても栄養価が低く、貧困層では多数の餓死者が出るかもしれません。




kanbatsu01.jpg


今年の夏の異常な暑さ、これは日本に限ったことではないようです。
先週、WMO(世界気象機関)は、「北半球で異常な高温や豪雨、干ばつが起きるなど、異常気象が起きている」と警鐘を鳴らしました。
オマーンでは、1日の平均気温が42.6℃を観測。
アルジェリアでは51.3℃、モロッコでは43.4℃というそれぞれ観測史上最高の気温を観測しました。
昨日の日本熊谷の41.1℃も、世界のニュースで伝えられたそうです。
また、世界各地では自然発火による山火事が多発。
高速道路のアスファルトが浮き上がって亀裂ができた国もあります。
アメリカでは50℃を超えた州もあり、なんとお菓子工場の廃棄場でチップスが自然発火したそうです。




もしかしたら、この異常気象が、異常ではなく“例年のこと”になってしまうのでしょうか!?



コメの栄養素の減少は、アジアを中心に少なくとも6億人の栄養摂取に影響する可能性があります。

今日のこの暑さを嘆いてばかりでなく、私たちの子どもやその子ども達のために、ひとりひとりができることを考えるいい機会かもしれません。




お時間のある時、気象庁「地球温暖化を緩やかにするために私たちにできること」で検索してみてください!

“明日のために今日できること”のヒントになると思います!!





私は、今日、日中、田んぼに水の量と温度を確認しに行って、土手に腰をおろし、この暑さについて考えているうちに、あやうく熱中症になりかけました、、、、 トホホ、、、、

瞑想に耽る百姓 冥土に近寄る暑さかな

おあとがよろしいようで




kouon02.png


posted by るしあん at 20:20| Comment(0) | 日記

2018年07月23日

夏のメンタル疾患


暑い、、、、
心頭滅却しても暑いものは暑い!
あろうことか連日の酷暑の真っ最中に私の部屋のエアコンが壊れてしまった (T_T)トホホ・・
電気屋さんに電話したら「大変込み合っておりましていつ伺えるかわかりません」とのこと。
「うちなんてこの暑さで犬連れのお客様が激減しているというのに、、、、
繁盛しているのは、電気屋さんとアイスクリーム屋さんくらいなものかあ!」
なんて、ちょっとイジケてしまいました。

扇風機を強風でガンガン回しているのですが、パソコンを打つ手に汗が垂れてきます。
おかげで、ブログも更新できません。
「マスター、さぼっているナ!」なんてお思いの方もいらっしゃるでしょうが、決してさぼっているわけではなく、この暑さが悪いのです。

ということで、今日は夜中に、扇風機を背中にパソコンに向かっています。



さてさて、熊谷で最高気温を更新した今日の話題は、やっぱり“暑さ”。

テレビでは連日、熱中症について注意を促しています。
「不要な外出を避け、こまめな水分補給を!」


ところが、私のかかりつけのお医者さんがおっしゃるには、この時期、熱中症に加えて「うつ病」にも注意が必要なのだそうです。
実際、夏の暑い時期にはメンタルの患者さんが増えるのだとか。

暑さによる脱水を心配して、みなさん水分補給は心がけています。
ペットボトル片手に、まめにミネラルウォーターや各種お茶などを飲んでいます。
しかし、塩分補給を忘れている人が実に多い!
中には「高血圧だから塩分は摂らねえんサ」なんて言うおじさんもいます。

暑い夏は汗で大量に塩分が失われているのに、塩分補給せずに水分だけ取っていると、血液の塩分濃度が低下してしまいます。
そうすると、『低ナトリウム血症』を引き起こしてしまいます。
低ナトリウム血症になると、吐き気や頭痛のほか、倦怠感や無気力などのメンタル面の症状が表れます。
重症になると、意識が混乱して錯乱状態になることだってあるんだそうですよ。

「メンタルの症状だから心が原因」と早合点しないことが肝心。
“だるいなあ”“なんもする気になれない”なんて感じている方は、一度、自分の生活を見直してみてください。
大量の汗をかいたのに塩分補給をしていないのでは!?



natsuutsu01.jpg


それともうひとつ。
この時期は、ビタミンも不足しやすいそうです。
特にビタミンB1などの水溶性ビタミンは、水分とともに失われてしまいます。
ビタミンB1はエネルギー産生には欠かせない栄養素です。
脳神経系の正常な働きにも関係しています。
ビタミンB1を失うことは“ガス欠”と同じ。
塩分と同じで、夏のこの時期には特に注意が必要です。

豚肉にはこのビタミンB1が豊富に含まれています。
倦怠感を感じている人は豚肉料理を食べることをおすすめします。




さっ、ということで、今日の結論!!

連日の酷暑で、だるさ・倦怠感・無気力を感じている人は、

『るしあんで、“ハーブ豚の生姜焼き”を食べて、元気を取り戻そう!!』

るしあんは、心にも身体にもやさしいのです。



shogayakilight.jpg




って、オイ! ただの宣伝じゃあねえか!!

おあとがよろしいようで (*^^)v




posted by るしあん at 23:55| Comment(0) | 日記

2018年07月04日

ムーミン


実は、私、“ムーミン”なんです。


mumin01.jpg


と、いっても、“ムー民”の方なんですが、、、、

なんて告白をすると、「?」という方も多いでしょうね。


昨日のブログで、「ネットニュースはフェイクが多いので信じない。動画サイトのニュースはフィクションのエンターテイメントだ。」と書きましたが、実は、私、思いっきり『ムー』を愛読しているんです。
テレビでも『超ムーの世界R』は毎回録画して欠かさず観ています。

UFOやアメリカ陰謀論などが大好物の私は、女房に「それって、思いっきりフェイクじゃない!」と突っ込まれますが、、、、
いやいや、単なるフェイクで片づけることはできないロマンがあるんです。
荒唐無稽な話しの中にも意外と真実があったりするかもね!



さて、お題目の「ムー民」。
雑誌ムーを愛する人達を差して、こう呼ぶのです。


mu-01.jpg



ところで、先月6月24日は“UFOの日”だったのですが、みなさん、ご存知でした?
71年年前のこの日、初めて空飛ぶ円盤がアメリカ人によって目撃されました。
空軍が調査に乗り出し、その時に未確認飛行物体(Unindentified Flying Object)と名付けられたのです。
つまり、初めてUFOという言葉が使われた日なので“UFOの日”。

『超ムーの世界R』でもUFO特集が組まれ盛り上がっていました。



梅雨も早々と明けたことですし、夏の夜空にUFOを探してみてはいかが!!


ufo01.jpg



posted by るしあん at 18:06| Comment(0) | 日記