2018年09月01日

歌の意味は……


与党総裁選が始まりました。
しかし、すでに結果がわかっている選挙ですので、あまりニュースでも取り上げられていないようです。


abesakura03.jpg


そんな中、今、ネットが、アベさんがツイッターに載せた短歌にザワついているんです。
これがその短歌


我が胸の燃ゆる思ひにくらぶれば煙はうすし桜島山  平野国臣


東京で出馬会見を開くより、地方を大事にする姿勢を示す狙いで、わざわざ鹿児島垂水市の港に出向き、桜島をバックにして、出馬宣言をしました。
自分が山口出身ということで薩長同盟を気取ってみせたのでしょうか!?

そして、その翌日、件の歌の投稿になりました。


アベさんはきっとこの歌の意味を
「俺の総裁選にかける情熱は桜島の噴煙にも負けないくらい熱いんだゼ!!」
くらいに解釈したのでしょう。


ところが、平野国臣は幕末勤王の志士(福岡藩)で、倒幕の思いを島津久光に伝えようとしたところ門前払いされ、その時のくやしい思いを詠んだ歌なのです。
本当の意味は、
「俺の胸に抱く情熱はスッゲー熱いんだぜ! それに比べて、薩摩の連中のなんと煮え切らないことか! 桜島の煙のようにうすい奴らだ!!」
と、思いっきり薩摩をディスってるんです。


大河ドラマにあやかって薩長同盟を演出したとこまではよかったけど、すぐにヘタこいてしまった、、、、
総理のブレーンは誰も気づかなかったんだろうか!?
間違いを指摘してくれるスタッフがいないことの方がこわい、、、、

もしこれが外交の場で、歴史を知らずに迂闊なコメントを発して相手国をけなしてしまえば外交問題になりかねないわけだし。

3選は結構なことですが、“裸の王様”にならないことを祈るばかりです。




それにしても、この桜島を背景にした鹿児島での出馬宣言。
なんと、NHKだけは生放送で伝えていました。
“西郷どん”の視聴率を上げたいスケベ心か、はたまた政権に寄りそう官営放送なのか。


私はすごく気持ち悪く感じたのですが、あなたは?



abesakura02.jpg



posted by るしあん at 22:15| Comment(0) | 日記