2018年10月28日

落語好き


昨日紹介した本ですが、歩行困難な私は今、本屋さんの中を歩き回ることができません。
実は、『十八番の噺』は女房が買ってきてくれた1冊だったのです。



budorakugo.jpg


先月のこと、友人がチケットを手配してくれ、夫婦して、高崎で“葡萄屋寄席”を観てきたんです。
女房はまったく落語に興味などなく、知っている噺家といえば笑点メンバーのみ。
当然、高座など見たことなく、噺もまともに聞いたことはありません。
ただ、歩けない私のお供に仕方なく付いてきてくれただけ。

そんな女房が初めて観た落語が、橘家圓太郎で「甲府い」、トリの春風亭一之輔で「明烏」。
特に、一之輔は大人気の噺家で季節ごとに開かれる“一之輔毒炎会”はなかなかチケットが取れないほど。


「甲府い」は甲府から出て来た子僧の出世話なのですが、商売の心得が示唆されていてとても勉強になるので自営業の方には是非見てもらいたい作品です。
「明烏」は、型物な若旦那をだまして吉原遊びに連れていき初体験をさせようという艶噺しで抱腹絶倒。
噺の中では甘納豆が重要なアイテムなのですが、昔はあまりに人気の演目だったため、「明烏」が上演される日は演芸場売店の甘納豆が売り切れたそうです。


女房にしてみれば初めての落語が春風亭一之輔だったのだからすごくラッキー。
「落語って、すごく面白いのねえ」と感動してました。
これで少しは落語に興味を持ってくれたかなあ!?



「俺が読み終わったら『十八番の噺』読んでみる?」
「ううん、読まない!」
「あっ、そ!」

一之輔をもってしても女房を落語好きにすることはできなかったかあ、、、、




posted by るしあん at 21:51| Comment(0) | 日記

2018年10月27日

秋の夜長に、、、


読書週間が始まりました。
1947年以来、今年は数えて72回目になるそうです。
先日、某新聞に世論調査の結果が掲載されていました。
それによると、読書の重要性を感じている人は95%に達しているものの、反面、本(雑誌除く)を買わない人は24%に増えているそうです。
成人の4人に1人は、1年を通じて1冊も本を買わなくなってしまったそうです。
中には、スマホなどで電子書籍を読むのであえて本は買わないという人もいるようですが、日本人の読書離れが深刻なようです。
秋の夜長を芸人のおふざけテレビを観ているだけじゃ勿体ない、、、、



ところで、私が今読んでいるのがこれ。


rakugobon.jpg


『十八番の噺(おはこのはなし)』。
ベテラン5人と若手真打・二ツ目6人が、愛してやまない演目を2〜3話ずつ紹介している本です。
噺家がどこに重点をおいて話しているかや、アゲサゲのポイントなどを教えてくれています。
私は、まず本を読む前にYoutubeでその演目を見て、読後にもう一度見ます。
そうすると、また新たな視点で、落語の面白さを楽しめるんです。

一晩に一演目。
ちょっと時間のかかる読書ですが、この季節、長い夜の娯楽にはもってこいですよ!



posted by るしあん at 20:34| Comment(0) | 日記

2018年10月13日

新米の販売が始まりました


お待たせをいたしました。

本日より、平成30年『新米』の販売が始まりました。

今年は、稲刈りシーズンに私が脊柱管狭窄症を発症してしまい、例年より2週間ほど遅い稲刈りとなりました。

落水して(田んぼの水を抜いて)から充分、日光を当てることができましたので、未成熟なものは無く透明感のある玄米に仕上げることができました。

今年は、東北・北海道地方の天候不順、近畿・山陽地方の豪雨災害等により、作況指数は平年より低下しており、それに伴って米価(ブランド米)は1俵あたり平均で800〜1,000円値上がりしているようです。

るしあんでは、私の病気療養中は百姓仲間に助けられ、おかげさまで例年並みの収穫量を上げることができました。

つきましては、みなさまへの感謝を込めまして、お値段は据え置きさせていただくことにしました。

この機会に是非、るしあんの “新米コシヒカリ”をお買い求めください。


inekari-doubutu.jpg



るしあんのおコメは少量を直近で精米しているので、新鮮で美味しいおコメになっています。

しかも、『クリーン白米』仕上げですので、研ぎ水は6分の1程度の量でサッとヌカを流す程度でOK。
白くて粘りのある美味しいご飯が炊けます!!

平成最後、そして、るしあん農場大久保地区水田の最後の新米を是非、お召し上がりください。


h30komehanbai01.jpg

h30komehanbai02.jpg


posted by るしあん at 23:20| Comment(0) | 日記