2018年12月23日

カフェのオヤジの今年最後の世迷言


先日のこと、日立製作所の原発輸出事業が暗礁に乗り上げたとのニュースがありました。
イギリスでの原発建設計画が行き詰まって、アベさんがトップセールスしていた原発輸出戦略もボロボロに、、、、
「ほら見たことか!」あるいは「やっとか!」と思った人も多かったと思います。
先の東芝の撤退劇でもわかるように日本を支えてきた大企業の屋台骨を揺るがしかねない“原発事業の失敗”です。
日本国民の多くが、東日本大震災を経験して、「リスクの大きい斜陽産業の原発輸出を官民あげて推進するなんて!」と、政府の方針に疑問を持っていました。



hitagen.jpg



私の記憶が確かなら、10年ちょっと前に、政府は原発事業を国内市場から輸出に舵を切ったと思います。
「原発技術の継承ができない」とか「技術が廃れる」とか、まるで“職人不足が心配だ”みたいなしょうもない理由を付けていたかと思います。
その後、民主党政権に交代して、大震災の原発事故を経験して、今度こそ変わるかと思いきや、とんでもない。ますます推進してしまった。
民主党は労働団体の顔色を伺い、労働団体の中には“原発反対に断固反対”する強大な労組がいて、まさに忖度の連鎖。

ようやく暗黒の民主党政権が終わったのに、アベさんは相変わらず「原発輸出」に固執してしまいました。
その理由が、
『事故の教訓を活かして、“世界一安全な原発”を提供できる』
なのだそうです。
ブラックジョークかよっ! って思ったのは私だけ?

ソーリのお考えが倒錯しているのか、原発の甘い汁がお好きなヤカラがウジャウジャいるのか、私のような小市民には想像もつきませんが、、、、



ちょっと話題は逸れますが、先日、決まった来年度予算案。
100兆円を超える大型予算がシレ〜〜と閣議決定されました。
毎年「次の世代に負担を背負わせない」と言ってますが、アベさんが借金を減らすところをついぞ一度たりとも見たことない <(`^´)>


原発に、赤字手形に、、、 ツケを回される次世代の人達が可哀想……
孫たちを本気で心配しているジイジなのです。



平成の次の御代が平穏で明るい世でありますように!!!




posted by るしあん at 20:43| Comment(0) | 日記