2019年04月24日

高齢者の交通事故に思う@


昨今の相次ぐ交通事故報道。
特に、高齢ドライバーによる人身事故のニュースには、高齢者の家族を持つ私にとってゾッとさせられます。

「運転は俺の生きがいだ。俺は運転うまいんだ。俺から車を取り上げないでくれ!」
何度運転するなと言っても、認知症が始まった父親には暖簾に腕押しで、私達夫婦の目を盗んでは乗り出してしまいました。
ある日のこと、底意地の悪そうな中年女が家に来て「ドアを交換したから代金を支払え」と要求してきたそうです。
スーパーの駐車場で父親がドアを開けた拍子に隣に駐めてあったその女性の車のドアにぶつけたとのこと。
どうも「弁償するから元通りになるように直してくれ」と約束したらしく、その強欲ババアは相手が年寄りだから足元を見て、板金塗装しないでドアを交換したらしい。
領収書はディーラーのものではなく地元の修理屋のもの。
修理屋と結託して板金だけでドア交換との差額を詐取したかは不明、、、、

私達が事の顛末を母親から聞いて知った時には、すでに時遅く、父親がお金を渡してしまった後でした。
「だまされたのではないか」という疑念は残ったものの、正直、「よかったあ。人を轢き殺したんじゃなくて、、、」と安心感もありました。
これを機に私達の車を廃車し、カフェに来る時は私が軽トラ、女房が父親の車を使い、家に車を置くことをしなくなりました。
父親から相当恨まれたけれど、そうでもしないと運転を止めらませんでした。

当時、前橋市で通学途中の女子高生が高齢ドライバーの事故で命を落とすという事件がありました。
高齢者の家族が保護責任を追及され責められる姿を見るにつけ胸が痛みました。
家族がどんなに運転を止めても年寄りは目を盗んで乗り出してしまいます。
あるいは家族に罵声を浴びせてまでも車に乗り込むんです。
まさか縄で縛りつけおくわけもいかず、家族の悩み、怒り、困惑、葛藤など、他人事ではなく解りました。


koureidriver04.jpg


父親はその後、認知症が進み、現在、老健施設に入所しています。
今も車に乗って外に行きたいと口にします。
そこで、家族で相談して、父親の運転免許の返納手続きをしようということにしました。

地元警察署に行くと、「本人がいないならここではできない。県の運転免許センターに行け」とのこと。
次にセンターに行くと「委任状に記入して、本人に一度、ここに来てもらってくれ」。
老健施設に入院している旨を説明すると、「認知症は病気ではない。来なくていい理由にはならない」。
一日駆けずり回って、結局、とうとう返納手続きは不可能でした。
この日の収穫は「次回の書き換えまで放っておいて免許が失効するのを待つしかないことがわかった」ということだけ。

口には出さずとも、役人の心の中は、
“入院させっぱなしにしとけば運転しないんだから、失効するまで一時帰宅もさせるな”
ということなのでしょう。

マスコミは高齢ドライバーの危険性をあおり、行政では免許返納を奨める。
しかし、警察や行政は“典型的なお役所仕事”。
決して、家族の悩みに寄り添うことはない <(`^´)>



koureidriver02.jpg


こんなふうに、ネットで、「家族はなんで年寄りの免許をとりあげないんだ!」と批判するのは簡単です。
しかし、家族も思い悩んでいるのもまた事実なのです。

これからも高齢ドライバーの重大事故は続いていくのでしょう、、、、
加害者家族の懺悔とともに、、、、

そして、被害に遭われた遺族の悲しみ、怒りも、また、続いていくのでしょう、、、、




posted by るしあん at 11:22| Comment(0) | 日記

2019年04月23日

ひゅるりら〜 風に舞い散る・・・・


桜と共に見事に散ってしまった桜田大臣。
私個人的には、あのキャラ(政治家としてはいかがなものかとは思いますが)は大好きでした。
レンポウだって、1,500(億)円だって、五輪憲章を読んでなくたって、日本に笑い(失笑ですが)をもたらしてくれましたものね。

それにしても、野党もマスコミも執拗に桜田大臣叩きを行い、新たな失言を誘うかのような意地悪な質問攻めにするのは、まるで陰湿なイジメを見せられているようで暗澹たる気分にさせられました。
政治家もマスコミも、もっと重要な課題、伝えるべきものがあるんじゃないだろうか。



しかし、被災地を軽んじる発言は完全にアウト。
笑って済ませる失言とはいかなかったようで。



桜田さんに“落語の心得”があればなあ―――

「おう、桜の!
おめえパソコンとやらを使ったこともねえのに、よくサイバーセキュリティ担当大臣なんてやってるねえ!」

「なんだと、与太八!
たしかに俺は、パソコンなんて打ったことねえよ。
でも隣に座っている野郎だって、ミサイル撃ったことねえのに防衛大臣やってるんだぜ!」

おあとがよろしいようで・・・・


sakurachiru001.jpg



posted by るしあん at 22:43| Comment(0) | 日記

2019年04月20日

闘病には笑いを


手術も無事終わり、体力的にも精神的にも元気が戻ってくると、入院生活がとたんに退屈になってきます。
入院中は買い込んできた文庫本を20冊くらいは読んだと思います。
消灯後はヘッドフォンで、クィーンや尾崎豊、柳ジョージなど、家にあった昔懐かしのCDを女房に届けてもらって、夜な夜な聴く毎日でした。
とはいえ、2週間も経つとさすがに聴き飽きてしまって、、、
そんな折、娘が落語のCDを差し入れてくれました。
落語を全く知らない娘が選んだのが、三遊亭圓生と古今亭志ん生。
「すごいね、よくこんな大御所を知ってたな!?」
「落語コーナーのCDを前から2枚取っただけ。」
「あっ、そ! まあ、そんなもんでしょ。」


enshou001.jpg



そんな圓生師匠のCDに収められていた演目のひとつ、『三軒長屋』。
三軒長屋とは、ひとつ屋根(棟)に三軒が区切られている長屋のことで、二階造で小さい庭まである高級な部類の住まいということになります。
庶民は六軒長屋など平屋で四畳半一間で暮らす江戸時代においては、やはり三軒長屋はちょっとセレブ。

とある三軒長屋。
真ん中には伊勢屋勘右衛門のお妾さんが囲われていました。
昼間は三味線などを弾きながら、女中とふたりで静かに暮らしていました。
やがて、左には仕事師の親方“政五郎”、右には剣術の指南“楠木運平正猛”が住むようになって、、、、
連日、左では職人がやって来ては、酒盛りでドンチャン大騒ぎ、しまいには喧嘩まで始まる始末。
右では門下生がやってきては稽古。
大きな声で「キェ〜!」。ドンッと足を踏み鳴らし。

今でいうところの騒音トラブルに巻き込まれ、ほとほと困ったお妾さんが伊勢勘に泣きついた。
「ねえ、旦那さま。両隣がうるさくて、私しゃ静かに暮らせないよ。どうにかしておくれよ。」
そこで伊勢勘、大店のことだけあって、両名に大金を払って、出て行ってくれるよう頼み込んだ。
親方「わかりやした。どこかに引越します。」
指南「拙者もその金をいただき、出ていこう。」

お妾さん、これで静かな生活が戻ると安心したのも束の間、今度は左から「キェ〜!」、右からドッタンバッタンの酔っ払いの喧嘩。
なんと、親方は指南がいた家に引越し、指南は親方の家に引っ越していたんです。

“大金を使っても入れ替わっただけで何も変わらなかった”というサゲ(オチ)でした!



退院して数日後、テレビのニュース。
あれ!? これって、『三軒長屋』じゃん!!

そう、私が見たのは大阪ダブル選挙のニュース。
ダブル選挙なんて言ってるけど、でも、これ、ただの入れ替え選挙じゃね!?
税金をいっぱ〜い使っても、入れ替わっただけで、な〜〜んも変わんねえんじゃん!

まさか、『三軒長屋』を平成もまもなく終わろうとしている今、リアルに見ることになろうとは!
天国で圓生師匠もビックリしていることでしょう。



ところで、、、
笑いは治癒力を高めてくれるそうですよ。
闘病には落語を聴きましょう。




posted by るしあん at 05:23| Comment(0) | 日記