2019年05月18日

今度はアロマが、、、


私の手術に続いて、今度はアロマが大手術。
一昨日、無事に生還(退院)して、家族みんなホッと一安心しています。


ゴールデンウィーク前半はお客様のわんちゃんたちと元気に遊んでいたのですが、令和になる頃急に食べたものをあげるようになってしまいました。
お客様にも「アロマちゃんいつもより元気がないような気がするよ」と、心配していただきました。
歳だし、急に暑くなったのでバテてしまったのかと、るしあんには連れてこないで家で安静にさせていました。
獣医さんから急性胃腸炎の薬をもらって一時は回復したのですが、ところが、また食事が摂れず血の混じった胃液を吐くように。
この間、体重が激減。
脱水もあって、もともと20`しかない体重が15`になってしまいました。
普通のラブの半分の重さ。骨が透けるほどガリガリに、、、、
再度、細かく検査をしてもらったところ、腸内に異物を発見して、緊急手術となった次第だったのです。

開腹して取り出したのは、イボイボの付いたゴムボール。
体内ですでにプラスチックのようにカチカチに固まっていました。
固まったおかげでレントゲンに映って発見できたのですが、硬くなったイボイボが胃壁や腸内をかなり傷つけていて、もう少し遅れれば命を落としていたそうです。

一週間の入院を経て、今は元気を取り戻し、ウエットフードを少しずつ食べています。
体重が戻り、走れるようになるには、もう少し時間がかかりそうです。
るしあんではアンジェラが元気に走りまわるのを尻目にクレートの中で静かに横たわっています。
今日は、サラ、ミラがカフェのお手伝いをしながら、アロマの面倒を見ていました。


帰国したらアロマがやせ細っていたので、ベソかいてたサラ、ミラでしたが、アロマが家に帰ってきて、ようやく笑顔が戻りました。



aroshujutsu.jpg




獣医さん曰く、犬のおもちゃは遊びが終わったら必ず取上げ、決められた場所(玩具箱など)に保管。
その際、無くなっているおもちゃはないか点検して下さいとのことでした。
レントゲンに映らない物を誤飲した時の早期発見につながるそうですよ。
特にレトリバー系の猟使役犬は咥えることが大好きなので要注意!



アロマの悪食は承知しているので注意はしていたんだけど、油断したなあ・・・
犬に関わる仕事をしている者として、大反省してます、トホホ、、、、



みなさんも、愛犬の誤飲には、くれぐれもご注意を ∪・ω・∪




posted by るしあん at 18:45| Comment(0) | 日記