2019年06月20日

変化する万物にあって不変なるもの


あまり報道されなかったので知る人は少ないと思われますが、先月20日、「重さの基準」が変わったそうです。

物理学・量子力学を専攻していた息子に聞いたのですが、私にはチンプンカンプンで……。

簡単にいえば、これまでは「ル・グランK」と呼ばれる1s分銅が質量の単位(重さの基準)になっていたのですが、「プランク定数」と呼ばれる極小の物理定数が基準になったそうです。
130年に亘り「国際キログラム原器」として使われたこの白金イリジウム合金の分銅が、不変のものと考えられていたのにわずかに質量が減少していたことが判明。
科学の世界では重さの単位も不変にすべきという意見が強くなっていました。


今回、「重さ」の単位が物理定数に置き換わったことで、全部で7つある「基本単位」がすべて物理定数になったそうです。

「長さ」も私が小学生の頃は、地球の大きさを基に作られた金属製の「メートル原器」が1メートルの基準だと教えられた記憶があります。
今は「一定時間に真空の中を光が進む距離」が基準だそうです。



文系の私には、もう何が何だか全然理解できませんが、単位を物理定数に変える理由は単純明快。

「遠い星の地球外生命体と交流をするようになった時にも、重さや長さ、速さ、温度などの単位をきちんと伝えらるようにするため。」



tani.jpg



日本では、厚生労働省の不正統計、防衛省のグーグル・アショア(間違えました、イージス・アショアだ)、アソウさんが間違いだと言って受け取らない老後不足資金の2,000万円、アベさんが言い張る安心の100年、札幌児童相談所の48時間……  他にもまだまだ……


見渡せば、私達のまわりは「不合理な数字」が飛び交っています。



こんないい加減な数字があふれていると、「いつ、どこで、誰が(例え宇宙人が)測っても、“不変”な単位」のなんとすがすがしいことか!!





posted by るしあん at 20:31| Comment(0) | 日記