2020年03月04日

自己達成的予言


昨日は「デマ」についてブゥブゥ書きましたが、今日は「予言の自己実現」という話し―――

さて、みなさんは「予言の自己実現」という言葉を聞いたことがありますか?

簡単な例をひとつ
「ねえ、○○ちゃんってもしかしてA型?」
「そう! すごい、なんでわかったの?」
「だって、君、すごく几帳面だもん。」

日本人ならごく普通にしている日常会話。
「血液型占い」なんて何の科学的根拠もありませんが、こうして結果的に当たってしまうと2人とも「血液型占い」を信じてしまいます。

でも本当にそうでしょうか?
もしかしたら、○○君は以前にも同じような会話をしたことがあり、自分はA型なんだと強く意識するようになり、知らず知らずに自分を几帳面にしていたかもしれません。

簡単にいえば、もともと几帳面だったA型の人はより几帳面に、逆にずぼらなA型の人は無意識に自分を几帳面に近付けてきた可能性もあります。



このように、「もともとのその人の性格と血液型が一致した場合さらにその傾向が強まり、反対に一致していなくてもその方向に自分の性格が変化していく現象」のことを『予言の自己実現』といいます。


わかりやすく言うと、予言〈予測〉をした者(あるいは予言〈予測〉を受け入れた者)がその予言〈予測〉を信じて、それに沿った行動することで、実際にその予言〈予測〉が実現してしまうということです。




昨日のブログのトイレットペーパーの買いだめがまさにこれ!

「トイレットペーパーが手に入らなくなってしまうだろう」と思って人々が行動することによって、「トイレットペーパーが手に入らなくなってしまうだろう」と思わなければ起きなかった事態が、本当に起きてしまった!

さらに厄介なのが、品薄予想がデマとわかっている人も、デマの自己実現に備えて品薄を加速させる行列に加わっていること!

実際に買いだめのために行列に並んでいる人にインタビューしてみると、「トイレットペーパーがなくなるなんてデマ」と承知しながら並んでいる人が少なからずいるはず。



dema.jpg



昨日の繰り返しになってしまいますが、

みなさん、こんな時だからこそ、デマに踊らされることなく、何事も心静かにいきましょう!!!

悪しき予言〈予測〉の実現に手を貸さないようにしましょう!!





余談ですが、予備校のCMに、
「成績向上を保障します! 君ならできる!」
「まだ間に合う! 君の成績は必ず合格圏内まで上がる!」
みたいなキャッチコピーが多いのは、まさに自己達成的予言なのです。

勉強嫌いの生徒たちに教師たちが「おまえたちの成績は必ず上がる」と言い続けることで、予言された生徒たちはそれを信じ行動することで、結果的に予言が実現するのです。
(これぞ『ドラゴン桜』メソッド!)

予備校はこの手法で生徒の成績を上げて、そして知名度が上がることで生徒の獲得につなげていくんです。


yobicm01.jpg

yobicm02.jpg




アスリートはよく、試合前に「俺はやる! 必ず勝つ!」と何度も口にします。
それは予言(“言霊”と呼んでもいいかも)を信じているから。

言霊には、自らの成長や目標達成をサポートする力があるのかもしれませんね。



あなたの今日があまりいい一日でなかったのなら、ベッドの中で
「明日はきっといい日になるゾ!」
と、声に出してみてはいかが!!!




そうそう、冒頭の血液型占いの話しは、日本人の間にだけ広まった「予言の自己実現」。

実際、アメリカ人のA型はそんなに几帳面じゃないみたいですよ!






posted by るしあん at 22:28| Comment(0) | 日記