2020年11月07日

ようやく一段落


今日は稲刈り後のワラの後始末。
コンバインで散らした稲ワラで山脈作りをしました。


wara01.jpg


このあと、ご近所の牛舎のおじさんがトラクターに付けた専用機械でくるくる巻いてくれました。
よく北海道の写真に写っている白い円筒形のやつ、、、あれは雨除け・雪除け用の白い巨大ラップを巻き付けたものなんです。
中味はこの写真のようにワラが詰まっているんですよ。


wara02.jpg

wara03.jpg



牛舎に運ばれた稲ワラは、乳牛のワラ布団や飼料に混ぜるチモシーになったり、あるいは野菜の乾燥防止に畑に敷いたりと、まったく無駄がないんです。
そしてワラのお礼に牛フンをもらって田畑の堆肥に、、、
それがまた、野菜やお米を美味しく豊作にするための栄養となるのです。
古(いにしえ)より続く百姓の究極のエコサイクルです。
今風に言えば、百姓の日々の営みの中にだってSDGs実践のヒントがあるんです!




そして、、、
こうして晩秋にワラを片づけたら、土手の補強に使った畔板を剥がして、田んぼをトラクターで耕して、今年の作業は終わります。

新年を迎えると、今度は“寒おこし”といって、また、耕します。
耕すことで、残った稲株を砕いて土に混ぜると同時に、土中の微生物の目を覚まさせ、田んぼの土作りを進めていくんです。

コメ作りは、実は、オフシーズンでも手抜きはできないんです。

知らなかったでしょ!?
美味しいお米の裏側には、我々百姓の涙ぐましい努力があるんです!!!



コロナが落ち着いて、また農業体験ができるようになったら、是非、お子さんやお孫さんに野菜作りやコメ作りを経験させてください。
「いただきます!」の挨拶が変わること受け合いです。






posted by るしあん at 20:46| Comment(0) | 日記