2020年11月20日

孫とデート


今日はサラの小学校は半日授業で早帰り。
「よしっ、じゃあ、じいじと鬼滅を観に行くか!」ということで、イオンシネマに行ってきました。
ミラは血が怖くて観られないというので、ばあばとお留守番になりました。

平日の昼間だというのに、ひとつ置きの席は満席(半分でも満席という表現でいいのかな!?)。
公開から1カ月も経つのに、鬼滅人気のすごさを実感してきました。
当然、グッズはとうにすべて完売だそうで、かろうじて映画パンフレットだけが店頭に並んでいました。

肝心の映画ですが、漫画で読んであらすじは知っているのに感動の連続で、不覚にもいい歳こいて泣いてしまいました。



kime011.jpg




ところで、この異様なまでの鬼滅人気、「キメハラ」なる言葉も生まれたそうです。
「ねえ、鬼滅観た? え〜〜、まだ行ってないの?」
「鬼滅、知らないなんてヤバイんじゃない!」
これらの会話は“鬼滅ハラスメント”だそうですよ。
知らない人、観ていない人に圧力をかける行為がキメハラなんですって。
いやはや、すごい社会現象だな、こりゃ。





posted by るしあん at 20:47| Comment(0) | 日記