2021年04月23日

本日は営業しております


本日は、午前11時開店、午後3時までの営業となります。



ラストオーダーは午後2時となり、その時点でお客様がいらっしゃらない場合はLO時刻をもって閉店となります。





新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、引き続き時短営業させていただいております。


みなさまにはご不便をおかけいたしますが、時節柄、ご理解とご協力をお願い申し上げます。


みなさまのご来店を心よりお待ち申し上げております。






ama01.jpg





posted by るしあん at 03:42| Comment(0) | 本日の営業案内

2021年04月18日

ゴールデンウィークの営業のご案内



ゴールデンウィークに関する(4月最終週〜5月中旬)の営業のご案内です。



2021GWカレンダー.jpg




GW期間中、4月29日〜5月5日は、休まず営業いたします。

営業時間は午前11時開店、午後6時までとなります。

ラストオーダーは午後5時となり、その時点でお客様がいらっしゃらない場合はLO時刻にて閉店させていただきます。

なお、最終日の5月5日のみ閉店時間を1時間前倒して午後5時とさせていただきます。




4月27日(火)、5月7日(金)は、振替の定休日となります。

また、5月10日(月)・11日(火)は通院、検診のため、臨時休業させていただきます。




新型コロナ感染症につきまして、首都圏では「まん延防止措置」が発令され全国的に第4波の様相を呈しております。

GW期間中も引き続き、オフ会やパーティーなどのご利用はできません。

ご家族以外のグループにつきましては、4人までのご利用とさせていただいております。

どうぞ、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。




日々の営業時間の案内を当ブログにて掲載しております。

お出かけの参考にしていただけたら幸甚です。




posted by るしあん at 20:31| Comment(0) | 日記

2021年04月07日

ROCKでお祓い?


前々回は『釣船清次(つりぶねせいじ)』『上酒有(じょうざけあり)』などの厄除けのお札について触れました。
我が家の玄関は『元三大師(がんざんだいし)』を祀っている旨を書いたところ、ブログを見てくれたお客様から「マスター、元三大師って何?」と尋ねられました。
実は我が家は天台宗であり、元三大師とは、「良源(りょうげん)」という平安時代の天台宗の僧で、比叡山延暦寺の中興の祖のことなんです。
中世以降、民間信仰で「厄除け大師」としてお祀りしています。



genkanohuda01.jpg



これが我が家の玄関ですが、この“痩せた鬼”のような姿をしているのが元三大師(慈恵大師とも呼ばれています)で、厄除けのお札になります。
天台宗ではメジャーなお札ですが、他宗派のお客様には珍しいものだったようですね。




さて、もうひとつ。
写真の左端にあるお札は『祓戸大神(はらえどのおおかみ)』です。
これは神道のお札ですので、クリスチャンやムスリムのお宅でないかぎり、ほとんどのお宅で祀られているのではないでしょうか?
では、チコちゃん風に……
「ねえ、ねえ、岡村〜。祓戸大神って何?」

「ドアの所で邪気の侵入を防いでくれるALSOKのような神様」なんて答えると、チコちゃんに叱られてしまいますよ。
答えは、、、
「祓戸大神は“ロックバンド”!」

うん?



ところで、みなさんは、神社でお祓いをしてもらったことはありますか?
神主さんが大麻(オオヌサ)という大きなハタキみたいなものをバサバサ振って、罪やけがれをはらい、清めてくれます。
「じゃあ、そのはらい落した罪やけがれはどこに行くんだろう?」なんて思いません?
掃除機で吸ったならタンクに貯まるし、ハタキで叩けば床に落ちるし、、、

そこで、活躍するのが4人組ロックバンド“四柱の神様”。
祝詞(のりと)によると、祓い落とされた罪や穢(けが)れは、まず、川に流されます。
そして、瀬織津姫(せおりつひめ)という神様が流れて来た罪・穢れを海へと流し込みます。
海では速開都姫(はやあきつひめ)が待ち構えていて、飲み込みます。
次に登場するのが、気吹戸主(いぶきどぬし)。
気吹戸主は速開都姫が飲み込んで集めた罪・穢れを息を吹いて“根の国”という異界へ吹き飛ばします。
そして、異界(根の国)では、速佐須良姫(はやさすらひめ)が飛ばされてきたそれらを消滅させるのです。



これら四柱の神様を合せて祓戸大神といいます。
つまり、個神名ではなくグループ名ってこと。


rockharaido01.jpg


「祓戸大神年中御祓」のお札は、家に持ち込まれた災いや罪、穢れを異界へ吹き飛ばして消し去ってくれるというありがたいお札なんです。

こんな由来を思いながら、手を合せてください。
ご利益が上がるかも!




こうしてみると、私達のご先祖様は、古(いにしえ)より、海は異界とつながり、この世の罪やけがれを際限なく飲み込んで浄化していると考えていたことがよくわかりますね。

もしかしたら、福島原発には「祓戸大神年中御祓」のお札が貼ってあるのだろうか?
政府のセンセイ方は、よもや、汚染処理水を海に流せば祓戸大神が浄化してくれると考えているのではあるまいか?
さすがの速開都姫とてトリチウムは飲み込めまい!

あるいは、事故発生から10年間、漁師の生業を奪い脅かし続けている罪を都合よく洗い流して消し去ろうとでもいうのであろうか?
四柱の神様はこう言うと思うよ。
「たくさんの人々の生活を奪った罪は決して消せません!!」



いよいよ、近日中には、汚染処理水の海洋放出が閣議決定されるようです。
地元漁業関係者の理解は得られるのか、国民へきちんとした説明がなされるのか、私たちはこの問題を注視しなければいけないと思います。







posted by るしあん at 20:19| Comment(0) | 日記