2021年06月24日

落ちたリンゴ


ウイリアムテルよろしく頭の上にリンゴを乗せた男性を取り囲む弓矢の集団。
一斉に放たれた矢はリンゴに刺さらず男性に命中します。
しかし、男性は倒れることなく、理不尽と戦い民主主義を貫くことを宣言します。
男性は黎智英、そう、あの『りんご日報』の代表です。
これは、『りんご日報』の創刊当時のテレビCMです。

今日、24日の朝刊をもって、『りんご日報』が廃刊されました。
形骸化しつつあった一国二制度も、いよいよ「言論の自由」が無くなり、巨大な“共産党の一党独裁”の闇に飲み込まれてしまいました。
ただ一部の支持者がりんご日報ビルの前に集まり、惜別と静かな抗議の意を表していたとか。
香港行政府も7月1日の結党100周年を前に、民主主義の息の根を止めることができて一安心でしょう。
ゲツガおばさんもプウさんのメンツを潰せば自分の命が危ないわけで、、、


ringo02.jpg

ringo01.jpg



でも、プウさん! これで民主主義の芽が完全に無くなったなんて思わない方がいい。
圧政に屈することなく自由を求める人々いる限り、すべての香港市民を無力化することは絶対不可能なんだから。


圧政者がCMのようにどんなに矢を放っても、「自由」は決して倒すことはできない!!!




posted by るしあん at 23:44| Comment(0) | 日記

2021年06月15日


私は初対面の人のグループに加わるのは大の苦手。
お酒の力を借りればどうにか話しもできるのですが、、、
アウェーの中で無理してコミュニケーションをとるくらいなら、ひとりでいる方が余程、楽でいい、と思ってしまいます。



さてさて、先日のG7での1コマ。

秋田の田舎育ちの純朴なおじさんにとって、初対面のガイジンさんの輪に加わるのはハードルが高すぎたのかなあ!?



sugahoroniga01.jpg

sugahoroniga02.jpg



各国首脳の輪に入っていけないスガさんに対して、ネットでは賛否両論にぎやかです。
「一国の代表としてどうなの?」と不安視する人や、「わかる〜」と擁護する人見知りの人などなど、、、
「単に英語がわからないだけでしょ!」と辛らつな意見もありました。

群馬の田舎育ちの純朴なおじさんの私(←ホントかよ!?)は、スガさんの気持ちがちょっぴりわかるので「2回目以降に期待!」です。



あなたはこの写真、どう感じましたか?





飲むことがコミュニケーションの手段だった昭和のおじさんにとっては、このコロナ禍の会食自粛は思いもよらぬ災難だったのだろうなあ〜。
シラフで若い社員と話しが盛り上がるんだろうか?

今まさに、飲兵衛にも新しい生活様式が求められている――― (T_T)

共に頑張ろう! 飲兵衛諸兄!!





posted by るしあん at 21:11| Comment(0) | 日記