2021年07月11日

フラれた私……


「テレビの前では、指導者の資質はあってもスターの資質がない者は必ず落選してしまう。」
若きケネディの前に疲れた顔のさえないおっさんの姿を晒して敗れたニクソンの弁だそうです。
実際、ラジオでこの討論会の模様を聴いていた人はニクソン優勢と感じたそうで、テレビでの見た目がいかに重要かがわかるエピソードですよね。
時は経ち、ゴア(民主党)Vs.ブッシュ(子)(共和党)のテレビ討論では、ゴアがブッシュを圧倒しました。
ところが、ゴアの態度が、まるで相手を見下す様で、視聴者(有権者)の反感を買ってしまって、、、 結果、ブッシュ(子)が大統領の椅子に座ることになりました。
前回は、トランプもバイデンも司会者を無視してののしり合い、揃って有権者をドン引きさせてしまいました。



kenenik01.jpg



こうして見ると、テレビにおけるキーワードは『好感度』ということがよくわかります。

日本においては、首相を国民が直接選ぶことはできません。
与党内の力の原理で選ばれます。
従って、さえないおじさんでも、高慢が鼻に付くおじさんでもOK。
桜の下でウソばかりついて国民を欺(あざむ)き続けたって、無策の棒読みだって、たとえ国民の好感度が地に落ちていても首相の座に居続けられるのが、今の日本の姿。

民主主義において、『好感度』に左右されないというのは、果たして良いことなのか、悪いことなのか?
評価が『仕事ぶり』で下されればいいのでしょうが、、、




さて、政局を見ると、センセイ達は既にオリンピックより、その後の“秋の衆議院議員選挙”に関心が移ってしまっているようで、、、
やれ、推薦獲得だ!
やれ、鞍替えだ!
などとだいぶ賑(にぎ)やかになってきました。

しかし、既に春先には選挙を見据えて地元後援会では組織固めを始めていました。
実は、その頃、私に対して、地元の町議会議員さんから某氏後援会の地域役員になってほしいと打診があったんです。

野党に対しては何も期待していないので、与党のお手伝いをしてもいいんだけど、、、
でも、ブログで自由にセンセイ達の批判を書けなくなっちゃうのも困るし、、、

そっか! じゃ、町議さんにこのブログを見てもらえばいいや!
ということで、ホームページアドレスとブログアドレスを書いたるしあんの名刺を渡しました。



あれから、4ヶ月……
な〜〜〜んの音沙汰も無くなりました。

こりゃあ、私、見事にフラれたんだなあ (T_T)
う〜〜〜ん、、、 センセイ達にとって“耳の痛いところ”を突きすぎたかなあ〜〜!!
それとも、こんな面倒くせえ奴じゃなくて、言うことを聞いてよく動く他の奴を探そう、ってことになったのかな!?

まっ、いずれにせよ、紐付きにならないで、これまで通り、自由にセンセイ方に忌憚のないご意見を奏上するブログの方が楽しいので、フラれてむしろ良かったんですけどね!!(←負け惜しみじゃないからね!)




さてさて、秋の総選挙はどうなることやら!
まあ、群馬は保守王国で政治を家業としている2世、3世のセンセイ達ばっかりなので、いつも通りの選挙戦でしょうけど、、、


疲れた顔のさえない姿のおっさんはどうなっているんだろう?


gasuu01.jpg


そういえば、「東京五輪においでよ」とラブコールを送っていたのに、この方もあっさりとバイデンさんにフラれちゃったんだっけ。
「ワクチン接種率1割で、とても安全管理ができてるとは思わない。あぶないからヤ〜だよ!」と言ったとか言わないとか……
この人の来日で盛り上げようと画策したら、逆に無策を突かれちゃった (´・ω・`)



ワクチン、オリンピックの出来次第で、秋以降のセンセイ達の立ち位置は大きく変わるんだろうなあ。




私としては……
まっ、なんでもいいや。
ブログ種(ねた)に事欠かないセンセイ達に頑張ってもらいましょう!




でも、、、 ホントは、それじゃいけないんだけどね!
激変する世界の中で、日本の舵とりを任せられる新しい考え方を持つ若いリーダーは現れないかなあ。





posted by るしあん at 21:20| Comment(0) | 日記