2021年07月15日

久しぶりの映画


今日は久しぶりに映画館に行ってきました。
サラと『鬼滅の刃』を観に行って以来だから、8ヶ月ぶりくらいです。
映画館はきっちりとコロナ対策できているので安心して行ける場所なんでしょうが、なんとなく自粛していました。
コロナワクチンも1回目ですが接種して10日経ったので、満を持して出かけてきました。



bw01.jpeg



実は公開を楽しみにしていたのが『ブラック・ウィドウ』。
アベンジャーズ・シリーズ(インフィニティ・サーガ)にはチョイチョイ出ていたのですが、今回はナターシャ(ブラック・ウィドウ)の単独主役の物語で、彼女の生い立ちまで描かれています。

アメリカン・コミック映画は苦手という方にもおススメの映画ですよ。
宇宙や海中などで超人が活躍する映画ではなく、ナターシャはあくまでも人間で、卓越した体力と技で地上で悪と戦う勧善懲悪のストーリー。
単なるヒーロー物ではなく、家族の愛も描かれているヒューマン・ドラマでもあります。
これまで一度もアメコミ映画を観たことのない人でも楽しめる作品です。



さて、私はというと、、、
主役のスカーレット・ヨハンソンが、『攻殻機動隊/ゴースト・イン・ザ・シェル』のミラ少佐のイメージが強すぎて、最初は心の中で「これは、少佐じゃない! ナターシャだ! ブラック・ウィドウだ!」と唱えていました。
とはいえ、すぐにナターシャに引き込まれましたけどね (^o^)/

それより何より、妹エレーナ役のフローレンス・ピューの可愛いこと!
お茶目で、強くて、魅力的で、、、 まるで、主役のナターシャを食っちゃてるよう!
一発で、フローレンス・ピューのファンになってしまいました。

人気次第で今後、ウィドウはナターシャからエレーナに引き継がれるのかなあ!?



bw07.jpeg

bw06.jpeg




さてさて、、、 熱く、『ブラック・ウィドウ』を語っている私ですが、、、
実は、私、ザック・スナイダー監督のファンなものですから、ホントはアベンジャーズよりジャスティス・リーグの方が好きなんです。
『ジャスティス・リーグ』は途中で監督交代したせいで散々な出来になっちゃったのですが、ザック・スナイダー撮り直しの“ザック・スナイダー・カット版”は、ホント良かったです!



※マニアックな話しになっちゃうので、「マーベル(MCU)=アベンジャーズ」と「DC=ジャスティス・リーグ」との違いは、ネットで調べてください (^_-)-☆

大雑把な話し、「DCコミックス」と「マーベルコミックス」という2大出版社のヒーローってことです。
日本に置き換えれば、はじめの一歩、金田一少年たちの“マガジン・リーグ”がディズニー+で映画化、かたや、ルフィ、殺せんせーたちの“ジャンプ・リーグ”がワーナー・ブラザースで映画化って感じかなあ (^O^)




子ども達はもうすぐ夏休み。
コロナ自粛に、ご家族一緒にアメコミ映画のビデオを楽しんでみてはいかがでしょう?
対策をして映画館に足を運ぶのもいいですね。


我が家では、孫のサラ・ミラと一緒に『ジャングル・クルーズ』を観に行くことになっています。



やっぱり映画館で観る映画はいいですよね!!





posted by るしあん at 18:30| Comment(0) | 日記