2017年01月24日

今日は米、、、、


今日は米の話し、、、、
と言っても、酒米の話しですが。

九州に住む息子の嫁さんの実家は、うちと同じで兼業で稲作百姓をしています。
私はコシヒカリ専門で作っていますが、嫁さんちは佐賀県で“山田錦”を専門としています。
兵庫産のもみ種を使っているのですが、土地柄が合うのか良い米が獲れるそうです。

昨日、YK35について書きましたが、より良い「山田錦」を求めて酒蔵間の争奪戦は益々、激化しているそうです。
特に、特Aランクの兵庫県三木市や加東市(一部地域)産は、今や入手が難しい米となっています。
ただ、この特Aは、元祖山田錦というべきか、栽培地域の歴史的な経過によって付けられた称号であり、米の品質によって付けられているものではないんですよ。
食用米は、味、粘り、色、つやなど、食味を総合的に審査して、特Aが付くのですが、酒米は“生産地”そのものにランクが付くんです。面白いでしょ!


yamadanisiki.jpg


ちなみにですが、嫁さんちは某酒造メーカーとの契約栽培です。
米なので年によって出来ばえに差が生じるのですが、必ず、全量をその酒蔵が買い取ってくれます。
だから農家は安心して作れ、酒蔵の方は他の酒蔵に米を横取りされる心配がなく、互いにウィンウィンの関係が保てます。
また、品質向上のために生産者、酒蔵双方で協力して取り組める利点もあるようです。



だから、こんなふうに言われています。

『酒蔵は“米”を買っているんじゃない、“土地”を買っているんだよ』



う〜〜ん、深いなあ!!


posted by るしあん at 21:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。