2017年07月19日

ヒアリ


巷ではヒアリがどこどこで何匹見つかったなんてニュースがにぎやかです。
私はこのニュースを見るたび思い出すことがあります。


昔若かりし頃、医療ボランティアでミャンマーを訪れたことがあるんです。
太鼓を担いでジャングルの村に入って、文化交流をしながら、集まった子ども達にポリオワクチンを投与しました。
村の人達には大変、歓迎されて、楽しい時間を過ごしました。

その時のこと、太鼓の演奏中がすごいことになりました。
演奏している私達の足をアリが登ってくるんです。
あまりにムズムズするので、叩いていない方の手でバチを使って、払いのけながら演奏しました。
メンバーのひとりが獣医師だったのですが、そいつは演奏中にリズムを取りながらパンパン潰していたようでした。
演奏が終わるとすぐさま潰したアリを見て、、、、
「良かった〜〜! ヒアリじゃなかった!!」
と笑っていました。

私や他のメンバーは「?」。
「ヒアリって、そんなに怖いアリなの?」

その時、生まれて初めて“ヒアリ”なる蟻がいることを教えてもらいました。

「毒が強い蟻だから、ジャングルでの演奏の時は雪駄に裸足は止めて、足袋を履いて叩こうぜ。」
ということになったのでした……。

jungle01.jpg
jungle02.jpg
jungle03.jpg


あれから二十年近く経って、まさか日本で“ヒアリ”を耳にするとは思いもしませんでした。


それにしても、今になって、ヒアリの毒性を改めて知って、ゾッとしている私なのです。


posted by るしあん at 23:11| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。