2017年09月10日

伝統野菜


「伝統野菜」とは、長年、その地域だけで栽培される“特産品”の野菜を差しています。

群馬では“下仁田ネギ”などが有名です。
市場には下仁田ネギの種も出ていて、下仁田地域以外でも栽培できますが、やはり下仁田という気候風土の中で育ったものには叶いません。

私も以前、るしあんの農場で、ニンニクの青森ホワイト6片やさつまいもの鹿児島安納芋を作ってみましたが、本場のものには到底およばない代物でした。


さて、そんな伝統野菜ですが、先日、お客さまから「高山きゅうり」を分けていただきました。
高山村に住む従兄さんが栽培しているとのこと。
以前から気になっていて、機会があれば食べてみたかったんです。嬉しかったあ!


takayamakyuri01.jpg


この写真のように、高山きゅうりは、ずんぐりしていて大きく、全体的に薄黄緑から白いグラデーションがかかっているのが特徴です。
みずみずしい果肉とパリッとした食感の皮がなんとも言えず、すごく美味しいきゅうりです。

あまりメジャーな伝統野菜ではないのですが、知る人ぞ知る逸品なんですよ。


もう、そろそろ、きゅうりの季節は終わってしまいますが、今度は、秋野菜が出荷され始めます。

秋の行楽で、群馬におでかけの方は、是非、「ぐんまアグリネット・ぐんま食材セレクション100」を検索して、その土地の旬の伝統野菜をおみやげにしてください!!


posted by るしあん at 10:14| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。