2017年10月28日

行動心理学


先日のこと、ドッグビヘイビアリストの先生が来店してくれました。

“ビヘイビアリスト”って何?
ドッグカフェを営んでいるのに、初めて聞く名前だったので、訊ねてみると、、、、

「犬の“行動心理”を観察して適切なしつけ指導をするドッグトレーナー」さんとのことでした。

横浜の方を中心に活動されているそうで、個別指導を受けるわんちゃんも多数いて、また、先生が講師をされるセミナーは熱心な飼い主さんたちでたちまち満席になるのだとか。
残念ながら北関東ではセミナーは開いていないそうです。
う〜〜ん、それは残念……


0 (3).png



そこで、ドッグランで愛犬と遊ぶ時のちょっとした注意点を教えてもらいました。


咬傷事故などのトラブルを防ぐポイント―――

自分の愛犬と他のわんちゃんを遊ばせる時には、、、、

まず、相手の飼い主の言う「うちの子はフレンドリーなんですよ」は、信じない!
不用意に近づいたら急にスイッチが入って襲ってくることもあるそうです。
こっちは「キャ〜〜!!」。相手は「どうしよ、どうしよ」でオロオロ!!
こうなると、目も当てられません。修羅場です!

そうならないためには、最初に、相手のわんちゃんをよく見る。
しっぽが左に寄って動いていない場合、右脳が働いていてネガティブな状態になっている。
口を閉じて、体重を後ろにかけている場合は、緊張状態になっている。
こんな時に、愛犬を近づけると、相手の癇に障ることになって咬みついてきます。

逆に、初めての場所に遊びに行った時、自分の愛犬がそんなシグナルを出していたら、リードのまま緊張が解けるのを待ってから、他の子と遊ばせるようにする。

こうすれば、咬みつきトラブルは未然に防げるそうです。

また、散歩の途中で他のわんちゃんに吠えついて困るという場合は、吠える前に必ずシグナルを出しているので、よく観察してそのシグナルを見つける。
シグナルが出たら、方向を変える、いったんオスワリさせ落ち着かせる、撫でて緊張をほぐすなどすれば大丈夫だそうですよ。



「犬の行動心理学」かあ〜。
なかなか奥の深い分野だなあ〜!



そういえば、、、、
私の行動はいつも女房に見透かされているというか、お見通し。
私も隠そうとしても何かシグナルを発しているのかなあ!
おそるべし、恐妻ビヘイビアリスト!!!



posted by るしあん at 21:11| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。