2018年01月15日

認知症カフェ


貴方は「認知症カフェ」というものをご存知ですか?

ここ吉岡町では、町内2軒めとなる「認知症カフェ」が昨年末にオープンしました。

るしあんから北へ1qほど、駒寄小学校の信号機の所です。


robaroba.jpg


さすがに、店名は「認知症カフェ」などというストレートなものではありません。

ここは、「介護される人と介護する人」や「支えられる人と支える人」といった“役割”を一旦はずし、集まった人がオープンな空間やゆるやかな時間のなかで、ちょっとお茶を飲みながら語らうことができる場所です。

“ゆったりした時間が流れる”という点では、るしあんとあまり変わらないかな、、、、

「元気になるカフェ ROBA ROBA」が、出会いがあり、情報交換をしながら「ゆるやかに学ぶこと」や「認知症の人にやさしい地域づくり」につながる活動ができる場所になればいいなあと思います。

利用者からは、「同じ境遇の家族が悩みを打ち明け合い、気持が楽になった」「行くところができたのでうれしい」といった声が聞くことができるそうですよ。

また、認知症の方に店員の仕事を手伝ってもらうことで、生活の張り合いや自信につながっているのだとか。



群馬県では、平成32年度末までに、県民が気軽にカフェを訪れることができるよう、すべての市町村に1カ所以上、認知症カフェをオープンさせることを目標にしています。

運営主体は誰がなっても構わないそうです。
有志の人が運営に携わることで地域に広がることができます。


ご興味のあるかたは各市町村の地域包括支援センターにお問い合わせを!!!



posted by るしあん at 19:16| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。