2018年01月23日

そっか、火山だった、、、、


今日の昼ごろ、「ヒーヒー」言いつつ、腰痛と戦いながら駐車場とテラスの雪かきをしていたら、九州の息子からLINEが、、、、
「噴火大丈夫? 火山灰飛んできてない?」

なんじゃ?
浅間でも噴火したのかと、テレビを点けたらビックリ!
まさか、本白根山が噴火とは!


数年前、スコットランドの友達に「湯釜のコバルトブルー」を見せてあげようと白根山に連れていった時には、警戒レベル2が出ていて火口まで登ることができませんでした。
まさか、ノーマークの鏡池の方が噴火とは、、、、
お亡くなりになった自衛隊員の方には心よりご冥福をお祈り申し上げます。


kusatsu01.jpg
kusatsu02.jpg


私の出身高校は北毛(群馬の北部)にあったので、クラスメイトには吾妻や利根など山間部の子が多かったんです。
冬の遊びといったらおのずとスキーばっかりで、友達に教わりながら随分と上達しました。
今でこそ足腰が弱って全く滑れませんが、子どもが小さい時はリュックタイプのベビーキャリアで娘を背負って草津シズカ山を滑り下りたりしてたんですよ。

今にして思えば、いろいろなスキー場に行ったけど「火山にいる」なんて考えたことは露ほどもありませんでした。
火山の方がなだらかな斜面なのでゲレンデを作るのに向いているのだとか。
登山者は火山に備えるけど、スキー客はそんな防災意識はまったく無いですもんね。


kusatsu03.jpg


年をとった今は、“温泉好き”になりましたが、考えてみれば温泉も火山のそば、、、、
火山の恵みを満喫しているだけでなく、たまにはその脅威に目を向けてみることも必要なんですね。
自然には畏敬を!!!



posted by るしあん at 19:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。