2018年01月28日

進化できなかったサルの一例A


さて、今日は昨日の続きでBさんが遭遇した悪知恵(というより浅知恵)のサルを紹介します。

Bさん、子どもの迎えで中学校に車で向かったそうです。
ところが、前にはトロトロ運転の遅い車が、、、、
我慢して後ろを走っていたそうなんですが、わき道から広い道に出る交差点で、これまたトロい。車間が充分開いているのに、出ていかないんだそうです。
後ろからクラクションを鳴らしても出られない、2回目にやっと出られた。
ところが、大きな道に出ても相変わらずスピードを出さない、、、、
我慢できず追い越そうとしたら、豹変。突然、スピードを上げて道路の真ん中に車を止めて、行く手を塞いで、ヤンキー猿が飛び降りてきた。
肩をいからせて、ドカドカやってくると、

「何、しくさんねん! 今、あおったよな、あおったよな!
あおり運転は犯罪やぞ!」
変な“関西弁”で怒鳴りつけてきた。

どうも、最近のニュースを見て「あおり運転に厳罰」ということを利用して、自分があおられたということにして、因縁をつけたかったようだ。

Bさんもさすがにキレた!
「あんた、何ふざけったこと言ってんの!」
Bさんの勢いに、さすがに押されたのか、あるいは後方が渋滞し始めてヤバイと思ったのか、捨て台詞を吐いて車に戻っていったそうです。

Bさんも相当、頭にきたらしく、チョット離れて尾行したんですって。
そしたら、整形外科の駐車場にとめて、弱々しい足取りで病院に入っていったそうです。
ついさっきは車から飛び降りてドカドカ歩いていたくせに、こいつ!
「当たり屋みたいなことして、保険金でも搾取しようとしているのかな」、「実際に被害を受けている人がいるのかな」なんてことが頭をよぎったそうで、その足で警察に行きました。
車のナンバーは覚えていたものの、ところが、“証拠”がない。
残念ながらBさんの車にはドライブレコーダーがない。
証拠がなければ警察としては動けない。
警察の方では、その車をマークして、中学校付近を重点的にパトロールしてくれることになったそうです。


saru02.jpg


Bさんのケースの場合、恫喝してきた時点で『脅迫罪』。
さらに「金を出せ」「誠意をみせろ」と言えば『恐喝罪』。
充分、逮捕できる事例でした。



「あたし、絶対、ドライブレコーダー付ける! 次の休みの日、買い行こ!」と、Bさん。


Bさんのような出来事を聞くと、今の世の中、ドライブレコーダーで証拠を残すということが大切ですね。
視点を変えれば、そのサルも後ろのクルマにドライブレコーダーが無いのを確認して脅してきたんでしょうから、ドライブレコーダー装着をアピールしておけば防犯にもなるってことですよね。

私も付けようかな!



ちなみに、今、自動車保険でドライブレコーダーを貸してくれる商品があって右肩上がりの契約件数だそうです。
高速のあおり死亡事件以降、急増して、今や5万件を突破しました。
事故前後の画像が自動的に保険会社に送信され、保険会社からすぐに警察に通報してくれるシステムになっています。
もちろん、録画されているので、立派な“証拠”となるそうです。


そうそう、Bさんに教えてもらった情報によると、、、、
件の自動車は、白いワゴン。
後ろのガラスに「こどもが乗ってまんねん」だか「こどもが乗ってまっせ」だか、関西弁の変なシールが貼ってあるそうです。
髪を染めた‘まぬけな顔’(これはBさんの主観)したサルだそうです!!

みなさんも、ご注意を!!!



そうそう、Bさんの息子さん、クラブ終わりの寒空のもと、1時間以上も待ちぼうけだったそうです……
これで、風邪ひいちゃったら、一番の被害者は息子さんだナ(;一_一)




posted by るしあん at 23:49| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。